怒涛の週末その8 ~待ってる間のお楽しみ~

乾杯をした後は皆さんに各自持ち込んで頂いたおつまみを片手におのおの飲み始めます。



日本酒(獺祭、黒龍、武重のどぶろく)をはじめ、古酒(おもろ)、焼酎、ワイン(詳しくないのでわかりませんが、うまそーなヤツが6~7本)などなど超充実のラインナップ。どれから飲めばいいのかわからなくなるほどです。スペイン産のリキュール(アブサンみたいな味のヤツ)なんかもあったりして。



おつまみにしたってローストポテトに各種サラダ、果てはかぶら寿司に鯛の昆布〆・・・ってアウトドアの域を遥かに凌駕するものばかり。


それもそのはず。今回集まったのは前回を上回るような食欲魔神軍団。




b0138713_22572786.jpg
         豚汁ならぬ猪汁(ちょじる)を作り始めてみたり・・・




b0138713_22585091.jpg
         炭火で自家製のパンを焼き始めてみたり。



どれもこれもめっちゃうまい~。





そして酔いがほろよく回ってきたところでハンターさんからのプレゼントの登場~

b0138713_2303229.jpg
         醤油と酒に浸しておいた猪レバーの炭火焼き


b0138713_2315922.jpg
         こんがりと焼き上がりました~




小さく切り分けて口に放り込む。
ふんわりと軽く焼きあがったレバーはまったくもって豊潤な味。
生で食べるよりも旨みが濃縮されてじんわりとうまーい!
内臓好きにはたまらない旨さ!もう最高です。

猪料理は数あれどレバーまで食べた人はそういないでしょう。
ホント素晴らしいうまさです♪




そしてハンタープレゼント第二弾!

b0138713_236923.jpg
          九頭竜川産!天然モノの鮎の塩焼き!

伯父がキレイに串打ちしてくれて、みごとに焼き上げてくれました。
・・・ってゆーかこの串打ちの技術!アナタは一体何者?



首の後ろの金星が天然モノの証拠!
ハンターのおっちゃん、冬はハンティング、夏は鮎釣りをして過ごしているそうです。
なんとまあ素敵な人生。


九頭竜の綺麗な清流で育った鮎はあくまで繊細な味わい。
しかしながらはらわたの旨みは豊潤かつ濃厚で、身の甘さとのコントラストが抜群です。

うまーい!
酒!酒!!とあたりを見回すとそこには黒龍が!!

福井の鮎に福井の日本酒!
これがあわない訳がありません。

すっきりとキレ味のいい黒龍に豊潤で繊細な九頭竜鮎の組み合わせなんて最高の贅沢!くはーうまいー!

b0138713_22261126.jpg
         ちなみにこの男はイノシシと間違われて危うく丸焼きにされそうになった










と、つまみと酒と会話を楽しんでいる間にもじりじりとイノシシ君は焼けていっております。



b0138713_23232434.jpg
         ぶひひひひん





(続く)
[PR]

by umanichi | 2008-12-15 23:23 | 大人のできるかな  

<< 怒涛の週末その9 ~フライング脂身~ 怒涛の週末その7 ~いよいよ丸... >>