フードオブザイヤー2008!

あしたはM-1決勝戦。千鳥は今年は決勝まで残らんかったのね。
メンツ的にはキンコン有利?
わしにはわからん、アホじゃけえ~。


こんにちわ。なかやんです。



とっぷり年の瀬も押し迫って参りまして。


というわけでなかやん主催の恒例行事「フードオブザイヤー2008」を発表したいと思います。
わー パチパチパチパチ!


【※フードオブザイヤーとは?】
その年に食べた料理の中で、特に印象に残った料理・めちゃうまかった料理などに対してなかやんが勝手に与える称号のこと。
近年の受賞は下記の通り

2006年
・chezTOTO(クリストフ時代)の豚耳のファルシ
・松田屋旅館(山口)の披露宴料理
・旅館すぎもと(松本)の馬刺し
・屋久島の首折れサバ


2007年
・弥助の煮はまぐり
・ふじ原
・イノーヴェ
・セルヴァッジョのギアラ煮込み
・蛙の四川風煮こみ(dannaさん作)
・山本彩香さんの料理の数々





このフードオブザイヤーはこの10年くらい三河うまいもん紀行で続けているイベントなのですが、今年からはこのブログでも発表していきたいと思います。



前置きが長くなりましたが、いよいよ発表にうつります!


まずは名古屋市内のお店部門。


肉料理大黒のればテキ
 栄のど真ん中に突然現れたホルモン系立ち飲み屋。充実したラインナップのホルモンの鮮度の良さと立ち飲みならではのコスパの高さは他の追随を許しません。
 特にればテキの旨さは特筆モノ。他の競合店を押さえて堂々のフードオブザイヤーです。




続きましては旅先部門

要庵西冨家(京都)
 ボクらにはまだちょっと敷居の高かった京都の高級旅館。
 今回は少し背伸びして行って来ました。
 ・・・やっぱり高い店って値段だけのことはあるんだなあと思いましたわ。
 また来年も仕事頑張ってがっつり稼げるようになりたいもんです(笑)


☆すっぽん2種類(山猫軒北村
 すっぽんの美味しさを再発見させてくれた二つのお店。
 両方ともめっちゃめちゃ美味しいすっぽんだけど、個人的には味の方向性・コスパとも山猫軒の方に軍配をあげるかな。



そして最後は自作部門

平目のカラスミ
 カラスミの概念が完全に覆った一品。
 見た目はキレイじゃないけど、そのクリーミーな味わいは完全にボラを上回ります。
 また平目のカラスミ作ったら是非作ってみたい一品。


☆丸焼き2種類(イノシシ 
もう説明は不要でしょう!
 今年一番の大イベント。ってか一年に2回も丸焼きやるとは当の本人もまるで予想してませんでした。
 特にイノシシ食べた時の感動はとてもボクのつたない文章では伝えきれません。
 

以上が今年のフードオブザイヤーです。


皆さんにとってのフードオブザイヤーはなんでしたか?
もしよかったら是非教えてください。



来年もまた美味しいものに出会える一年でありますように!
[PR]

by umanichi | 2008-12-20 09:07 | フードオブザイヤー  

<< 雑炊までたどり着けないほどの・... 怒涛の週末その10 ~美味しい... >>