雑炊までたどり着けないほどの・・・!  民宿とくがね@日間賀島

新年あけましておめでとうございます。


例年のようにカウントダウンとともに玄関を出て、すぐ近くにある神社に初詣。
その後ふとんに入って「新春7時間笑いっぱなし伝説」(去年ジャリズム山下が「オモロー」を産み出した伝説的番組)を見ながら落ちていくという清く正しいお正月を過ごしておりました。ぐっさんのビッグショー最高~。



さてさて、うれしいもので年末年始には各地からたくさんの親戚がなかやん家に集まってきてくれまして。



今回の親戚集まってのイベントは日間賀・ふぐツアー。

日間賀島の民宿ではどこでも美味しいふぐがいただけるようですが、我が家では昔わにさんから紹介してもらったとくがねに行くことに決めてます。



海岸で子供と遊んで一風呂浴びたら早速ふぐ料理のスタート。



b0138713_8143161.jpg

ふぐの煮こごり。ツルンとしていてじんわりと口の中でやさしく溶ける。
味は結構しっかり目についてます。







b0138713_8185027.jpg

b0138713_8191617.jpg

これこれ!このお造り!
この豪快な盛りを見ると日間賀へ来た~!!って感じがします!
この写真二つで8人分。一人頭でも相当な量のお造りがいただけます。

細ネギをくるくるっと巻いてポン酢ともみじおろしでいただくと、薄いのにしっかりとした弾力。どことなくねっとりとしたふぐの身をかみ締めていくとあとからじわじわ~じわじわ~っと濃厚な旨みがあふれ出て来ます。

くうううぅぅぅ~!こりゃうまい!!

いろんなお店でふぐを食べたことありますがここのふぐのお造りは本当に美味しい。

お店の方に話を聞くと、ふぐは活け締めにした後1~2日寝かせておくのだそう。そうしないと身は固いけど旨みのないおつくりになってしまうのだとか。熟成がすすんでふぐの旨みが増すんですね。





b0138713_8303434.jpg

日間賀名物たこ飯。
たこの旨みがぎゅううっと濃縮されたご飯。美味しい。
こりゃなんぼでも食べたい・・・けどふぐが入らなくなるのでぐっとガマン。




b0138713_8331377.jpg

伊勢海老のお造り。
新鮮でぷりっぷり。





b0138713_8353069.jpg

焼きふぐ。


魚醤のタレに漬け込んだふぐの身を熱した石板の上でこんがりと焼いていただきます。
b0138713_837458.jpg



この焼きふぐこそ隠れた日間賀島名物!
魚醤が焦げるなんともいえない香りにはいつも心が躍ります。
じっくりと焼いたふぐの身からは驚くほど濃厚な旨み。魚醤の中で熟成し、焼くことでさらに濃縮されたふぐの旨みが口の中一杯に広がります。特にカマの部分は最高!





b0138713_8433373.jpg

来ました!ふぐの白子!
こりゃもう説明不要でしょう。
圧倒。圧倒。
ただただ旨さに圧倒されるのみ。



b0138713_847815.jpg

ふぐの唐揚げ。
こういうのは行儀よく食べてちゃいけません。
手に持って、むしゃぶりつくのが一番美味しい食べ方。
骨の周りに絡んだお肉が一番美味しい。
ビールが進む~!





b0138713_849272.jpg

白子入りあんかけ茶碗蒸し。
ふぐだしで作った茶碗蒸し。身まで入ってます。
完全にふぐ尽くしの茶碗蒸し。最高です。





b0138713_8523239.jpg

てっちり。
・・・・そろそろ限界。腹が苦しい~。
でもやっぱりうまい!美味しいダシを吸った野菜がまたうまい!
女将さんが鍋奉行をしてくれて、最高の加減に煮てくれます。
あ~シアワセ・・・。





b0138713_8553098.jpg

ふぐ雑炊。
もう胃袋は限界突破。
なんとか雑炊をすすりこみます。
うまい~。でももう食えない~。
幸福と不幸の入り混じった感情が芽生えます。





友人同士で来るのもいいですが、たまには親戚同士でわいわい騒ぎながらつつくふぐもいいですね。今回は福井から来た親戚もいたのですが、彼らは魚に関しては非っ常お~~~~に舌が肥えておりふぐに満足してもらえるかどうか心配しとりました。


しかし、さすがにここのふぐの味とボリュームには圧倒された様子で安心安心^^。



それにしても相変わらずとくがねのコスパはすごいですね(他の民宿もそうなのかな?行ったことないから分からないけど)。

今回は昼から相当おなかすかせて伺ったのでなんとか最後まで食べきりましたが、これまではいつも雑炊までたどり着くことが出来ませんでした。


ごはんじゃなくてふぐで腹が一杯になるほどのボリュームで泊まりで行ってこのお値段。往復の交通費を差し引いても相当のコスパやと思います。



来年以降も安くてうまいふぐが食べたくなったら日間賀島まできっと足を運ぶことでしょう。



民宿 とくがね
愛知県知多郡南知多町日間賀島東港目の前 
0569-68-2428

ふぐづくしコース13650円
ふぐづくしコースDX15750円
(今回はふぐづくしとDXを半々にしてもらいました)
[PR]

by umanichi | 2009-01-03 09:09 | 旅先の旨メシ  

<< 隠れたミントガーデン  モヒー... フードオブザイヤー2008! >>