あの感動をもう一度 猪丸焼き2009@名古屋市某所(その3)

一通りの段取りがおわり、丸焼きがスタートしたところでまずは乾杯。

今回は「各自、お酒かつまみ何か一品はかならず持ち込んでね」というのがルール。


自慢の酒やら料理やらがどんどん並びます。
中にはスペインバルを経営されている方も見えて、ご自分のお店のスペイン風オムレツをお持ちいただいたり。


b0138713_22465982.jpg
相変わらずアウトドアとは思えない豪華すぎる料理www




そうこうしているうちに軽いトラブルが。猪から滴り落ちる脂が炭の上に落下して、台の中に大きな炎があがってしまうのです。

今回は遠火の炭火でじっくり焼き上げるのが目的。
直接炎があたってしまうと表面ばかりが真っ黒こげになってしまい、中は生なんてことに。



うーん。困ったと思ってたときに声をあげたのがNさん(通称:塩辛じいさん)。
「鮎の囲炉裏焼きの要領で、猪を立てればいいだろ。そんでその下だけ炭をのければ炎もでない。よし、これでやってみよう!」と。


b0138713_22545666.jpg
囲炉裏焼きの要領




この塩辛じいさん。なんでも塩辛にしてしまうじいさんで、鮒ずしやらフグの卵巣のぬか漬けやらまで自作してしまうなかやんもびっくりのスーパーじいさんなのだ。


この発案がことのほかうまくいき、いのししは見事な焼き上がりに。
やるじゃん!塩辛じいさん!!




b0138713_2333510.jpg
焼き上がりの判定は、内部温度を測定して。やりすぎ感は否めませんwww
[PR]

by umanichi | 2009-11-22 23:05 | 大人のできるかな  

<< あの感動をもう一度 猪丸焼き2... あの感動をもう一度 猪丸焼き2... >>