フードオブザイヤー2009

明日はクリスマス!!

でも鳥人の身体の部分を食べるわけにはいかないので、今年のイブは豚肉でガマンな我が家でして・・・。





クリスマスにM-1といえば、年末恒例行事のフードオブザイヤー。今年もやってまいりました!


これは10年ほど前から三河うまいもん紀行の掲示板でやらせていただいている企画なのですが、「今年特に印象に残ったおいしい食べ物はなんやねん」という、一年の振り返り企画。

来年もっと美味しいものに出会えるようにとの願いもこめて、今年一年の食生活の総決算をするお遊びです。



近年の受賞暦を見ると
2006年
・chezTOTO(クリストフ時代)の豚耳のファルシ
・松田屋旅館(山口)の披露宴料理
・旅館すぎもと(松本)の馬刺し
・屋久島の首折れサバ


2007年
・弥助の煮はまぐり
・ふじ原
・イノーヴェ
・セルヴァッジョのギアラ煮込み
・蛙の四川風煮こみ(dannaさん作)
・山本彩香さんの料理の数々


2008年
・大黒のればテキ
・要庵西冨家
・山猫軒と北村で食べたそれぞれのすっぽん料理
・ヒラメのからすみ
・羊の丸焼きと猪の丸焼き



という顔ぶれ。


で、早速今年のフードオブイヤーを発表させていただきますと。



☆外食部門「マルコンソール」(カウンターフレンチ:新栄)


☆麺類部門「慈庵」(らーめん:守山区)
 写真をとれなかったのでブログには掲載できませんでしたが、これまでの人生の中で最高峰のラーメン。
驚くほど透明感のある味なのに、旨みはどこまでも深い。
食べすすむごとに身体の芯からじんわりと旨みが広がっていきます。
食べると幸せを感じること請け合い!

☆スイーツ部門「栗粉餅」(和菓子:恵那)
 甘味が苦手なボクとしてはめずらしくスイーツ部門からの受賞。
 栗きんとんをまわりにまぶした餅はほんのりとしょっぱくて、その食感の組み合わせは鳥肌が立つほど感動的。机の上においてあるとあるだけ食べてしまう危険な罠です(笑)


☆自作部門「納豆手抜き麺二種類」
 ・豆乳バジル蕎麦 ・ひっぱりうどん



今年もかなり美味しいものを食べてきたと思っていたんですが、やはりこの年にもなると美味しいお店には行きつくした感もあり、なかなか新規開拓は難しいものです。


来年はもっと新しい味にチャレンジしていく年にしていきたいですね。


では皆さんよいお年を~。
[PR]

by umanichi | 2009-12-23 23:14 | フードオブザイヤー  

<< 金柑のカイピリーニャ うどんをひっぱってみる  ~ひ... >>