とろとろチャーシューできるかな

なんとなくチャーシューが食べたくなって、いろいろ検索してみたら気になるレシピがあったのでマネしてやってみました。




まずはお肉の準備。
今回は肩ロースの塊が手に入らなかったので、豚バラで代用。美味しいけど少しカロリーが気になるね。


こいつをぐるぐるとたこ糸で縛っていくのです。

b0138713_21254647.jpg
そういえば知り合いに緊迫師に縛り方習ったという女の子がいたなあ。
彼女に言ったら亀甲縛りでチャーシューが作れるんだろうか。





こいつをそのままフライパンでジュージュー。
b0138713_21283681.jpg
たこ糸は耐熱性のあるやつじゃないとだめよ。木綿とか。

バラなので油を敷かなくても、勝手に自分の脂でカリカリになってくれます。
表面キツネ色でうまそー。



そんでこいつを圧力鍋で下茹で。
圧力鍋を使うと温度が上がりすぎるっつーので賛否両論なところはあるのですが、今回は大丈夫のはず・・・。



b0138713_21321284.jpg
不自然に白い下茹で液



そう、この下茹で液が今回のキモ。
茹で汁に大さじ一杯の牛乳を入れるんです。

牛乳の効果で肉が固くならずにとろとろにできるんだとか。
ホントかなあ。

香味野菜のニンジンやネギ、ショウガなんかも入れて圧力かけて20分。




下茹でしている間に醤油ダレをつくります。
醤油・酒(できれば紹興酒)・黒砂糖・蜂蜜・ニンニク・ネギ・ショウガ。分量は、ま・テキトーに。
醤油と酒は1:1くらいが目安かなあ。


こいつらを鍋にほうりこんで、軽く沸騰させればタレは完成。
b0138713_2147443.jpg





そうこうしているうちに圧力鍋では下茹で完了。
取り出してみると・・・
おおお!確かにふるふるだあ!こりゃすげー。



下茹でした肉をさっき作ったタレと一緒にジップロックに入れて味をしみこませたら完成。
b0138713_21484724.jpg
上から吊るしてあるのは少ないつけダレで肉全体にいきわたるようにするため。
昔はケチと言われたもんだが、今ならエコ。いい時代だ





んで肝心のできばえはというと・・・
うーん確かに脂の部分はふるっふるで美味しいんだけど、赤身の部分はちょっとしっかりした歯応えって感じ。


やっぱりこれが圧力鍋の限界かな。
短時間でできる分にはいいんだけど。


保温調理だとめちゃめちゃ時間かかるし、今度ははちみつすりこんで一晩寝かせたロース肉をスローローストしたものをタレにつけてみようかな。そっちの方がチャーシューっぽいしね。
[PR]

by umanichi | 2010-02-13 23:26 | 大人のできるかな  

<< 軟骨使って沖縄気分 ~ソーキ肉... 濃厚デミに感動!  洋食nag... >>