軟骨使って沖縄気分 ~ソーキ肉できるかな~

軟骨がうめーんだよ!軟骨がァ~~~~~~~!!


こんにちわ。山吹小学生に波紋疾走されて脳味噌がとけかけたアンデッドなかやんです。





いやしかし名古屋って牛すじの値段高いですよね。
100グラム150円くらい普通にしますし。

昔東京に住んでたときは100円もしなかったような気がするんだけどなあ。

やっぱりどて煮需要がある分名古屋では高いのか・・・。

学生時代に買った「SUJI madness」(名著だけど残念ながら絶版の模様)もこれじゃ宝の持ち腐れ・・・





そんなある日マルキで見つけた激安食材が、豚の軟骨。
400gで150円ってどう考えても安い!!

今回はその軟骨を使ってソーキ肉を作ったお話。






b0138713_16363992.jpg
いくら安くても3パックは買いすぎだとおもう。
反省はしていない。




まずは軟骨の茹でこぼし。
軟骨を10分くらい茹でたら冷水にとり、きれいに洗う。


b0138713_16401232.jpg
アクがたくさん出るのでしっかり洗おう。



きれいになった軟骨を圧力鍋へ入れて、焼酎、黒砂糖、生姜、タマネギとともにひたひたの水で煮る。圧力をかけて40分くらい。



b0138713_16445920.jpg
こんなときに圧力鍋を使わずして一体いつ出番があるというのか。



圧力鍋がない場合は、丸一日お鍋でコトコト。
ときには人間、辛抱も大事だ。



圧力鍋が活躍している間に今度は大根の準備。
10分程度下茹でをしてやる。
b0138713_16501872.jpg





下茹でした大根は煮上がった軟骨に入れて、塩・醤油・だし汁で味を調える。
そしてそこにカットした昆布をどさどさっと。昆布は具になるので安いので充分。



味付けが終わったら、圧力鍋でもう一度一瞬だけ圧力をかけて火を消しそのまま放置。
圧力鍋は蓋をしたままだと密閉されていて冷えにくいので保温調理の効果を狙ってるわけですな。

30分くらいでも食べられなくはないですが、おいしくなるまで最低2時間くらいはガマンガマン。
翌日くらいからが本当の食べごろかも。



b0138713_170146.jpg

[PR]

by umanichi | 2010-02-14 17:00 | 大人のできるかな  

<< ガード下の激うま中華  人情屋... とろとろチャーシューできるかな >>