ガード下の激うま中華  人情屋台まこちゃん@藤が丘

行ってきましたまこちゃんへ!

って言われてもなんのことだかわかんないですよね。




ここは藤が丘にあるガード下の屋台村。
「人情屋台」ってところにお店を構えるカウンター中華のお店です。


旨メシ仲間のさなぎくんが大絶賛しているこのお店。


以前一度お邪魔してるんですが、久々の来訪で気分も盛り上がります。


b0138713_2253770.jpg
こんな何気ない店構えに名店が隠れていようとは・・・




b0138713_22532253.jpg
シェフのまこちゃんが一人で腕をふるう。
テーブルなどはなく、あるのはカウンターとイスのみ。10人も入ればお店は一杯。
今回からカメラを変えたのでキレイに写ってますが、店内に漂う風格ときたらそりゃあもう・・・
いや、誉め言葉なんですけどね。





まこちゃんウォッチャーのさなぎくんに、どういったオーダーすればいいのか事前にメールで聞いておきました。
○基本はまこちゃんオススメで予算を言って適当に
○杏仁豆腐と水餃子と坦坦麺はマストで
○となりの焼肉屋から揚げだし豆腐、鉄板焼き屋から豚玉、焼鳥屋から串焼き盛り合わせなど頼むとよい(これはまこちゃんへ一言断る必要あり)

とのこと。


ってことで「4000円くらいで適当に!杏仁豆腐と水餃子と坦坦麺は必ず入れて」ってなオーダーで。
それと嫁さんと嫁さんの友達が「麻婆豆腐と油淋鶏も食べたい」と言ってたのであとからそれもいれてもらうことに。



店の中は80年代歌謡曲が流れ、赤提灯がいくつも並ぶ内装。
のれん越しにほかのお店のお客さんの姿も見え、オヤジの世界ここに極まれり、ってな感じ。
常連さんと思しき方がほとんどで、客層もいいかんじに煮詰まってて、それだけでもう最高ですよ。ここは。



ビールで乾杯していると次々と料理が出てきます。
ひとりで料理してるのにすっごい手際がいいんだね。まこちゃん。

b0138713_2371616.jpg
定番のチャーシュー


しっとりしててウマー。
香ばしいし、これはきっとホントに焼いて作ったチャーシューだね。
焼いててもこんなにしっとりと仕上がるもんなのか。
うまうま。




b0138713_2375931.jpg
マストオーダーの水餃子


このゴマダレがいいね!
もちろん皮はもっちもち。ちゅるんといけちゃいます。
うんまい。



と、ここでさなぎくんからサプライズプレゼントが!!
まこ「さなぎくんから聞いてるよ。今日はさなぎくんの紹興酒飲んでもらっていいからね」
b0138713_2323975.jpg
どどーーんと甕で。
どんだけまこちゃんに通い詰めてるのかとwww


ストレートで飲んでもめちゃめちゃまろやかです。
ほんわー。

これはストレートに限る。
ザラメなんか入れたら台無しだね。



b0138713_2383986.jpg
リクエストした麻婆豆腐


子供がいたからか、少し甘めの味付け。
ごめん、まこちゃん。我が家は基本、大人優先なの・・・。
言ってなかった俺が悪かったね。今度はガツンと花椒のきいたヤツを作ってもらおう。



ここは屋台村だから子供用の料理を別の店から頼めるのもうれしいですね。






b0138713_2392686.jpg
イカチリ


こーれーはーうまかった!!!
イカの火の通し方が素晴らしすぎ。
中が半生でほんのりイカの甘みが感じられて最高にうまい。
ビールが進む~!!


ご飯にかけて食べても絶対うまいはず。





b0138713_23101558.jpg
油淋鶏


衣がさっくさく。
やや濃ゆ目のタレととってもよくあいます。
これもビールだなー。


b0138713_23111227.jpg
牡蠣のオイスターソース炒め

OYSTER × OYSTER
そんなん旨いに決まってるwww

ぼちぼち腹が苦しい~。



b0138713_23144032.jpg
合鴨のロースト(?)


美味しいんだけど、そろそろ胃袋の限界が近づいてきました・・・。
あまった鴨は持ち帰りに。



b0138713_23151442.jpg
海老の炒め物

炒めた海老を殻ごとむしゃぶりつく。
まこちゃんによるとこれは殻が柔らかい種類の海老で、殻ごといけるんだとか。

殻の香ばしさがうまい!
もちろん海老味噌はもっとうまい!!



b0138713_23172818.jpg
坦坦麺



あああ!!しまったー!!!
「汁なし」って頼むのを忘れてたーー!!

いや、汁ありももちろん美味しいんですけどねw






b0138713_23413746.jpg
(おまけ)となりの焼肉屋から出前した揚げだし豆腐

これは目を見張るうまさ。
揚げ出し豆腐の概念が覆ります。

あえてどういう美味しさかはここでは語りません。
これはぜひ自分で食べてその衝撃を味わってほしいと思います。







いやー堪能しました。
まこちゃんの味。

格別上品な味、というわけではないのですが、このハコでこんなに旨い料理が食べられるの?っていう意外性がまたいいんです。


予算に応じてはフカヒレ、北京ダック、はたまたスッポンスープまで頼めちゃう不思議な屋台中華。
それがまこちゃん。

まこちゃんとの会話を通じて、こちらの嗜好を伝えて好みの料理が作られていくようなお店かな。
通いつめるたびに、相手に自分の味覚が理解され、自分用のメニューがカスタマイズされていく。
きっとそんなお店なんでしょう。

いやー、こんなお店に通える藤が丘の方々がとってもうらやましいです。




今回、メニューの相談にも乗ってくれ、紹興酒まで飲ませてくださったさなぎさん、ほんとにありがとうございました!
[PR]

by umanichi | 2010-03-01 23:55 | 中華  

<< 新栄でディープな中国紀行  ~... 軟骨使って沖縄気分 ~ソーキ肉... >>