タッカルビできるかな

妹が会社のイベントで余った幕の内弁当を持ってきてくれた。
子供は喜んで幕の内弁当を食べている。




こ、これは・・・
辛い物チャーンス!!!


うちの夫婦は辛い料理が大好きなのだが、子供のためにどうしても辛くないものでメニューを組み立てざるを得ないのだ。


こんなまたとないチャンスの日には、是非とも辛いものを摂取せねば。

冷蔵庫を見ると鶏モモ肉が。
しかし、タッカルビの素がない。でもこのチャンスを逃すわけには・・・。

ネットで調べればなんとかなるやろー、と試行錯誤の結果それなりのものが出来上がりました。



【タッカルビのタレの作り方】
・コチュジャン
・みりん
・さとう
・水あめ(なければはちみつで代用)
・醤油
・ナンプラー(あれば)
・オイスターソース(あれば)
・酒
・ごま油
・すりごま
・すりおろしニンニク
・すりおろししょうが
・すりおろしタマネギ
・粉唐辛子

以上をよく混ぜ、タレを作ります。水あめは溶けにくいのでよーく混ぜて。
量はもちろん目分量です。


出来上がったタレに一口大に切った鶏肉を入れ、しばらく味をなじませる。



味をなじませてる間に野菜を切りましょう。
今回使ったのは
・サツマイモ(ポテトフライみたいなスティック状に)
・ニンジン(同上)
・タマネギ(串切りで)
・長ねぎ(斜切りで)
・もやし(そのまんま)


冷蔵庫の残り野菜でもなんとかなります。
でもサツマイモはオススメ。
これ入れるとやっぱり一味違います。


肉に味がなじんだら(1時間くらいかな?)料理スタート。



大き目の炒め鍋(中華鍋があればベター)にごま油を熱したら、鶏肉を皮目から焼く。
タレが焦げやすいので中火でじっくりと。

タレはあとからまた使うので、このときにはまだ入れません。




肉がこんがりと焼きあがったら、徐々に野菜を投入。
火の通りにくいものから順々に。

野菜を入れるときに一緒にタレも投入。
野菜からじゅくじゅくと水分が出てきます。


野菜に火が通れば出来上がり。

b0138713_0105531.jpg
完成
タレさえ作ってしまえば後は肉野菜炒めと変わらない。






少し前、ちょっとだけブレイクしかけたタッカルビ。
最近ではほとんど見かけることもなくなってしまいましたが、これなかなか好きな味です。


「料理に砂糖入れるのが許せない会」の会長を務めるほど、ベタベタと甘い料理が嫌いなワタクシですがこの料理だけは別。

みりん、砂糖、水あめとベタベタ甘い調味料がこれでもか!と入ってるんですが唐辛子とニンニクの味が不思議とこの甘みとよくあってクセになる。

甘いけどビールがすすむというなんとも不思議な料理です。

食べ終わった後に残ったタレで作るチャーハンがまた格別。



次にこの料理が食べれるのはいつかなあ。今度は自分で子供用の弁当買ってこようかな(笑)
[PR]

by umanichi | 2010-03-15 00:33 | 大人のできるかな  

<< 花と中落ちとわたし 本気の手巻き寿司に感動!  ~... >>