花と中落ちとわたし



b0138713_23103260.jpg




どうも。なかやんです。
catさんとこのブログで「中落ち食べたいね~」と発言したのをきっかけに楽しい美味しいイベントを実現することができました。




事の発端は猪丸焼き会の時のお話。
catさんがブログで丸焼きを記事にされたとき、donさんが「鮪の中落ち会をやりました」という発言をされたのがきっかけ。

その話題にパクリと食いつき、興味をもってしまったのが運の尽き。
そのままどっぷりと中落ちワールドにハマることに。


まずは、まぐろ中落ちの確保から。
マイミクのにゃにゃちゃんが、鮪の卸売り業者の事務をやっているということを思い出し、にゃにゃちゃんにメール。するとすぐさま「確保できますよ~」という前向きな返事が!


おおお!なんたる奇跡!
このアイテムが手に入ればイベントは成功したも同然!
このイベント最大の難所が早くもクリアできることに!


そしてこの話を酒YOSHIDAさんの社長さんに話してみたところ、「そりゃ面白い!ぜひ共催でやりましょう!」と。

いやー。これで酒には苦労しなくてすみそう。
YOSHIDAさん。ありがとうございました!



会場は名古屋市内の某公園。
総勢70名以上の人たちが、マイスプーン・マイナイフを持って大集合。


b0138713_23124214.jpg
b0138713_2313561.jpg

今年は暖冬の影響で桜が咲くのが早い!
もうすでに見ごろを迎えてました。



なぜマイスプーンが必要かって?
テレビでよくある築地市場のあのシーン。


あれをみんなで再現したくって、中骨を用意し、マイスプーンをご持参願ったわけですよ。

b0138713_23143579.jpg

つまりはこういうことです。



こちらとしては、ただ鮪の中骨とわさび醤油を用意しただけだったのですが、参加者の皆さんはそれだけじゃ面白くないとばかりに、アボカド、オリーブオイル、バゲット、特製味噌、白米など思い思いの調味料や食品をを持ち寄り、鮪にあわせて食べます。中にはトリュフソルトなどを持ち込んでくださる方も。

いやー。皆さんの斬新なアイデアにはひたすらびっくり。
たくさん人が集まると新しい味がどんどん生まれていって、楽しい楽しい。





中落ちを食べ尽くしたら今度はこんな料理も。

b0138713_2329617.jpg

鮪アラの鉄板焼き

全部で14本もあった中骨がどんどん食べつくされて行きます。





そして今回のイベントのもう一つの主役が岡山産の牡蠣。

b0138713_23153960.jpg

去年の花見に引き続き取り寄せたのが牡蠣。
めちゃめちゃ大ぶり。



一斗缶4つも取り寄せた殻付き牡蠣。
こいつは缶ごとカセットコンロにかけて、豪快に蒸し焼きに。

蒸し焼きになった牡蠣は、持参のマイナイフで蓋をこじあけ、モリモリと食べつくします。



蒸し焼きだけでは飽きてしまうので・・・

b0138713_23322672.jpg

生牡蠣ムキムキ隊が自慢のテクで牡蠣をこじ開け




b0138713_23334443.jpg

調理人が料理開始!
これはオリーブオイルでホイル焼き



しかもこの鉄板、分厚い鉄板を使った特注品!
熱が逃げずに、温度が下がらず美味しく焼けるのです。
すげー!!


その他にも、牡蠣ご飯、牡蠣のクリームパスタ、牡蠣のみそ焼き、スモークオイスターなどなど。
皆さん、主催者の想像をはるかに上回る料理を次々と作ってくださいます。




そしてイベントに欠かせないのが、皆さんの持ち寄りグルメ。



b0138713_2343731.jpg






b0138713_23433797.jpg
手作りキッシュ


b0138713_23435826.jpg
しらすご飯



b0138713_23442020.jpg
豚のゼリー寄せ


b0138713_23444858.jpg
空豆とポテトのチーズサラダ

b0138713_23452411.jpg
タラバ蟹の豪快巻き
・・・って豪快すぎるよね。これwww






さらに、今回はお酒もえらいことに。
b0138713_23531433.jpg
b0138713_23533248.jpg
b0138713_23534753.jpg

b0138713_2354555.jpg
b0138713_23541894.jpg
b0138713_23545661.jpg




いやー、食べた、飲んだ、笑った!!

こんなに楽しく充実した日はこれまでも数えるほどしかありません。

特に中落ちはよかった。

意外と素人でもごそっとキレイにとれて、そのこそげる感触も楽しいしキレイに1ブロック取れた時の感激もうれしい。こりゃなかなかハマりそうな娯楽です。



その上、皆さんが持ち寄った調味料で一つの食材をいろんなバリエーションで楽しめるもんですから、味わいの広がりは無限大。

こりゃあいい遊びを発見してしまいました。



集まった皆さんの中でも新たな交流の輪が広がり、これからまた楽しいイベントができそうな気がします。



さあ、次はどんなイベントやりましょうか。
次々とハードルがあがっていくのは楽しいけど、主催者側としては少しばかりプレッシャーも感じてたりして(笑)
[PR]

by umanichi | 2010-04-01 00:01 | 大人のできるかな  

<< クラフトビールの種類に圧倒! ... タッカルビできるかな >>