空豆で春を味わう  セルヴァッジョ@高岳

・両親
・上の妹夫婦
・下の妹
がそれぞれ名古屋にやってくる。


そう
今週はなかやん一族名古屋に大集合ウィークなのであった。


なかやん以上に食いもんにやかましいこの連中を黙らすのは大変である。

「ここは味付けがもう一つだ」
「鮮度があんまりよくない」
「こんなに高いのに全然美味しくない」
皆好き勝手に言いたい放題なのだ。


しかーし!
今のなかやんにはセルヴァッジョという強い味方がいる。

今日はこの口やかましい連中を従え、セルヴァッジョにランチに行って来た。



まずは前菜で先制パンチをくらわす。これが1500円ランチについてくる前菜
b0138713_15244977.jpg



手前に見えるのが鯛のカルパッチョ。
黄色くみえるのはフルーツほおずき。


右奥に見える黒いのが鳥貝のサラダ。
鳥貝はめちゃ立派なサイズ。
ふくらみのある豊かな味わいは丸光の鳥貝以上かも。
そして鳥貝の下にしいてあるのはイタリア産のカリフラワー(の仲間)
ちょっとほろ苦系の味わいが鳥貝に絶妙にマッチ。
くうううぅぅ~うまいいぃぃぃ!!!


左奥の赤いのはサラミと生ハム。
サラミはスパイシーでうまうま。
生ハムはしっかり熟成された感じがあり、ねっとりとした感触がたまらない。



で、2800円ランチの前菜は

フレッシュフォアグラの瞬間燻製
b0138713_15272157.jpg



下にはピーチマンゴーが敷いてある。
完熟の甘いマンゴーの味で塩の聞いたフォアグラを食べさせるって料理。

料理もすごいが素材がすごい。
こんなとろけるようなフォアグラ、なかなか食べられない。
スッ・・・と口のなかで溶けていくさまはまるで上質のバターのようだ。


イベリコ豚のテリーヌ
b0138713_15281855.jpg



イベリコの濃厚な味わい。
付け合せのピクルスまでぬかりなくうまい。



なかやん一族はみな「うまいうまい」の連続。
これでこそこの店に連れてきた甲斐があるというもの。
よかったよかった。

この店、ただ美味しいだけじゃなく、料理の一品一品に必ず何かしら新しい発見があるのが嬉しい。そこも皆のツボにはまってるようだ。


そしてパスタ。


ボンゴレのアサリの余りのうまさにも驚き

車えびのアメリケーヌの濃厚な旨みにも恐れ入ったのだが



本日のベストディッシュはこちら。

ホタテと空豆のパスタ
b0138713_15285270.jpg



半生に仕上げた大降りのホタテと茹でた空豆がごろごろと入り、ソースは空豆で作ったポタージュ仕立て。
パスタは生パスタでもっちもち。


半生ホタテのジューシーな食感と春らしい香りの空豆の組み合わせがたまらなく旨い。そしてそれをまとめるソースの素晴らしさ!

いや、これはもしかしたら人生最高のパスタかもしれん。


周りを見回したらもうみんなニッコニコ。
名古屋に来たら絶対また来たいと口々に言い始めてる。
うんうん。よかったよかった。


そしてメインはこちら。
メインは2800円のコースのみに付いてきます。


大和豚の炭火焼
b0138713_15291496.jpg



写真じゃわかりにくいけど、これ巨大サイズです。
前菜とパスタを満喫したあとでこのサイズは正直きつい(笑)
みんなでシェアしながら食べるのが吉。

そしてこの豚がめちゃうま。
キレイにロゼ色に焼かれた豚肉は、外はカリッ中はねっとりの理想的な焼き具合。

味付けはシンプルに塩と胡椒だけですが豚の旨みでぐいぐい食べられちゃう旨さです。


しっかし、沖縄でアグー食べた時も同じこと考えたけどあれだね。

これだけ美味しい豚があるともう人生に牛はいらないね。
ポーク万歳!アラブに産まれなくてホントよかった~。



そして明日はこのメンバーでふじ原へ・・・。

なかやん一族のランチハンティングは続く・・・。



セルヴァッジョ
名古屋市東区泉2-25-23
[PR]

by umanichi | 2008-03-21 15:31 | イタリアン  

<< 焼き魚でご飯がすすむ~  ふじ... GAZZATリスペクト!  ホ... >>