辛ウマなスープでしゃきしゃき野菜を堪能  鬼亭なべ@なかやん厨房

この冬、最もなかやん家の食卓を彩ってくれた料理。

それが鬼亭なべ。


これは以前「ぴったんこカンカン」でとんねるずの石橋が絶賛していた実にうまそうな鍋であった。


しかし名古屋から渋谷はいかんせん遠すぎる。
最近、東京に行く用事もすっかりなくなったなかやんは鬼亭なべを食べることを泣く泣くあきらめることに・・・するわけがない!!


「東京に行けなけりゃ自分で作ればいいんだ」との原始的な発想からない知恵を絞りに絞り、それっぽい料理に仕上げることができました。


ま、本物はもっと美味しいんでしょうが東京行けないうちはしばらくこれでガマンやね~。



【テレビで紹介されていた料理のポイント】
①肉を最初に焼いておき、そこに辛スープと野菜を入れる。
②野菜には火を通しすぎない。シャッキリした食感を残したまま食べる。



てなわけで完成したレシピがこちら~

☆☆☆鬼亭なべの作り方☆☆☆


【辛スープを作る】
①鶏がらスープをベースにコチュジャン、味噌、韓国唐辛子(粉)を入れ辛めに仕上げる。ちょっと風味が足りない場合はナンプラー入れると良い。
②スープにニンニク(多めね!)とタマネギをみじん切りにし、コトコト煮込む。このスープは鍋を作るまで温め続けておく。

【肉と野菜と薬味の準備】
①肉
使う肉は豚バラと鶏モモ。どちらも一口大に切り分ける。

②野菜
もやし(豆つきのがうまい!)、エノキ、ニラ、白ネギを準備。白ネギの切り方は特徴的で薄~く薄~く斜切りにする。その他の野菜は適当に。

③薬味
青ネギ、ショウガ、ニンニクをみじん切りにしておく。
うちには青唐辛子が余っていたのでそれも使った。辛いのが好きな人にはオススメ。

【いよいよ鍋作り!】
この鍋は肉を焼いたところに熱いスープを注いで作ります。
ですから土鍋じゃできません。割れちゃいます。
すき焼き用の鍋がある人はそれで作るといいかもしれません。
うちはティファールの炒め鍋(鍋の時には取っ手をはずす)でやりました。

①お肉を焼く
鶏は皮目から焼きましょう。豚も投入。どちらからもたっぷり脂が出てくるので最初の油は敷かなくていいです。弱火でじっくり、肉の脂がカリカリになるように焼きましょう。

②薬味を投入
肉をよけてスペースを作り、そこに薬味を入れましょう。
んでその薬味の上にごま油をたらします。
すぐにいい香りがしてきます。薬味とごま油がなじんだらお肉と一緒にかき混ぜましょう。

③スープ投入
鍋を強火にして、温めておいた辛スープをいれましょう。
すぐにぐらぐら煮立ってきます。

④野菜を投入
ここまでくれば食べられるのはもうすぐそこ!
今のうちに箸と取り皿、あと良く冷えたビール(必須!!)を用意しときましょう。
野菜は煮えすぎたら美味しくないのでこれからは時間との勝負!

まずはエノキを入れます。20秒たったら次はモヤシ、また20秒たったらネギ、そのまた20秒後にニラを入れます。ニラを入れて10秒ぐらいしたくらいが一番の食べごろ。一斉に野菜を引き上げてください。

ま、要はチゲスープで作る野菜のしゃぶしゃぶみたいなもんですわ。半生のしゃきしゃきした野菜が肉の脂を吸ってこれがもう衝撃的にうまい。辛いもん好きにはたまらんウマさ。
ホントビールが止まらなくなります。

野菜は一度に入れずに食べる毎に入れたほうがいいかも。これもしゃぶしゃぶと同じですな。

〆はうどんかご飯。テレビではきしめんで〆てました。

あと、カムジャタンみたいにエゴマの葉入れると味がひきしまります。
なかなか入手できないけど手に入った時には是非入れてみてください。


もうそろそろ鍋の季節は終わりかけてるけどこの鍋は真夏に汗をダーダーかきながら冷たいビールで流し込むという幸せな食べ方も出来ます。

季節を選ばないこの料理、もうしばらくはなかやん家の食卓に登場してくれそうです。
[PR]

by umanichi | 2008-04-13 15:41 | 大人のできるかな  

<< 豊饒なハラワタの旨みにノックア... 濃厚なスープと鮮烈なエゴマの葉... >>