三種カラスミの食べくらべ!  カラスミパーティ@なかやん厨房

先日記事に書いた平目のカラスミ作り。

実はあの後、丸光でサワラの卵を発見したのでサワラでもカラスミを作っておったのです。

それから去年作っておいた普通のボラのカラスミも残っていたので、「ボラ」「平目」「サワラ」三種のカラスミの食べくらべパーティをやってみました。


参加してくださったのは素敵な旨メシ仲間のcat夫妻TOKOSAN家族



これが完成した三種のカラスミ。作るのは意外とカンタン。
b0138713_15181811.jpg






ボラのカラスミ。よくお店で見かけるアレですね。
b0138713_15203528.jpg
ぷっくりしていて、この中では一番色が濃いです。





サワラのカラスミ。昔は讃岐の名産品だったとか。
b0138713_15223428.jpg
ボラよりちょっと薄い卵。色は鮮やかでキレイです。





そしてこれが平目のカラスミ。初めての挑戦。
b0138713_15252312.jpg
巨大平目の卵だけあってカラスミもでかい!形の良さで言えばボラやサワラに軍配があがります。



そしていよいよ食べくらべ!
ほんのちょっとだけあぶってからスライスしました。
b0138713_15343647.jpg

左上がボラ、右上が平目、手前がサワラ。
サワラは人参みたいな色。ヤマゴボウにも似てるかな。
平目はやっぱり見た目良くないですね。


これを薄く切った大根と一緒に食べました。
それともう一つ、みじん切りにした生ニンニクも用意。台湾ではニンニクを載せて食べるそうです。


【感想】
ボラ
 定番の味。羊羹のようなネットリ感。

サワラ
 焼きたらこのようなプチプチした歯ごたえが残る。ニンニクとの相性バツグン。ちょっと好みは分かれるかな。一番安かった卵なのでコスパは高い。

平目
 口の中でまったりと溶けるクリーミーな感触。濃厚な味わいはまるで長期熟成したミモレットを思わせる。はっきり言って一番うまい。




いや~いいですな。この平目のカラスミ。
自分で作りながらも「これホントにうまいんかな~」とか思ってたんですが、まさかボラよりうまいとは!

平目の卵に味をしめて今度はいろんな卵のカラスミを作ろうかと思ってみたり。



宴会も非常に盛り上がりまして時間の過ぎるのが早い早い!

名古屋を代表する錚々たる食欲魔神が一同に集まったものですから酒を酌み交わしながらしゃべる会話は当然美味しいもののことばかり。

・滋賀県で5年ものの天然すっぽんが食べられるところがある。ただし8人以上集まらないと食べさせてくれないらしい…とか
・本物の初鰹ってのは普通お店で売ってる初鰹とは全然別物。想像を超えた美味しさだよ…とか
・今度みんなで計画している羊の丸焼き。羊にはブレンズ(脳)ついてるのかなあ。ついてるといいねえ…とか
・讃岐うどんで味の決め手となるのは粉もあるけどやっぱり打ち手。「讃岐の夢2000」使っても宮武のおっちゃんが打てば宮武の味になるしなかむらさんが打てばなかむらの味になる…とか

それだけで記事が書けそうなディープでコアな話題がいくつも飛び出しました。



その他にもcatさんのフランス土産の白カビサラミやdannaさん手作りの大目鱒の干物、友人のおばあちゃんが漬けた自家製の鮒寿司、我が家の定番鬼亭なべやさぬきうどんと料理は続き、正午から始まったパーティは夜の7時まで続いたのでした。
[PR]

by umanichi | 2008-05-28 16:22 | パーティ  

<< まるでラーメン屋のような・・・... 沖縄とブラジルの邂逅  ちゅら... >>