「ほっ」と。キャンペーン

ニラ醤油のアイデアに脱帽!  ぶっトンでるニラ鍋@マシューケータリング

史上最高の料理番組といえばもちろん「世界の料理ショー


70年代の番組ですが日本で何度も再放送され、司会のグラハムカーの軽妙なトークや当時の日本では見ることもできないような素材を使った料理に幼きなかやんは胸をときめかしたものでした。

結局スティーブとは誰のことだったのか(笑)
今でも謎のまんまです。




そして「世界の料理ショー」には及ぶべきもありませんが、大好きだった料理番組といえば「Matthew's Best Hit TV」の中のワンコーナー「マシューケータリング」。


藤井隆扮するマシュー南が平野レミ(マシューの素敵なおばさまという設定)と妙~にハイテンションで繰り広げる料理番組(そういえばキム・ニールヤング(キム兄)っていう隠れキャラもいましたな・・・)。


平野レミの革命的アイデアてんこ盛りの簡単うまいなレシピに毎週釘付けでした。



んで、久しぶりにマシューケータリングの料理が食べたいな~と思っていたら、やや!やっぱりあるじゃないですか!マシューケータリングのレシピ本が!




早速その中でも人気の高い「ぶっトンでるニラ鍋」を作ることに。



【材料】
・ニラ
・しゃぶしゃぶ用豚肉
・中華スープの素
・日本酒


【作り方】
・ニラは2~3束用意。主役がニラのお鍋です。
・ニラの穂先の部分を切り、お湯でさっと茹でる。それを包丁で細かく刻み、さらにとろとろになるまで包丁でよくたたく。たたき終わったら同量の醤油と混ぜ合わせニラ醤油を作る。
b0138713_1085426.jpg



・残りのニラは5~6cmの長さに切っておく
b0138713_1091543.jpg



・鍋で水を沸かし、酒と中華スープの素で味付け。
・冷た~く冷やしたビールの栓を抜く(←必須!!! ビールがなければこの料理はやめておいたほうがいい。でないと悶え死にます。)

・豚肉とニラをしゃぶしゃぶし、ニラ醤油で味付けしながらいただきます。




平野レミらしいシンプルかつと~ってもお手軽なこの料理。

単純な素材がニラ醤油のおかげで複雑な旨みにグレードアップ!
グイグイとビールがすすむ危険な料理です。

鍋が終わったら茹でたラーメンを入れてニラ醤油で味付け。
このラーメンがまたうまい!


真夏の暑い盛り、汗をだあだあかきながらはふはふ食べたい料理です。
[PR]

by umanichi | 2008-07-29 10:25 | 自宅で旨メシ  

<< 豊饒な苦味がたまらない   塩... さよなら平日ランチ   ポンレ... >>