気分は海の男  牛肉のトマト煮込み@某タンカー船

♪ じめじめと暗く腐った憂鬱な人生を~ 俺は憎んでばかりいた~ 


こんにちわ。キャプテンなかやんです。





タンカーに乗船する機会がありまして。



着桟はしていても船の上は法律上では公海(?)扱い。
いろいろと手続きを済ませてようやく乗船することが出来ました。


船の上で仕事が一段落したら時計はもう2時半。

そろそろおなかがすいたな~、と思っていると船の関係者から「せっかくなんで船の中で食事しませんか?一回陸に上がると飲食店までは遠いしまた乗船するのに時間かかりますよ。」とのお誘いが。


まだまだ仕事も残っていたので、手早く食べられるタンカー内の食堂で食事をすることにしました。(危険物を積載しているため残念ながらカメラの使用はNG。)



北海道や沖縄行くときのフェリーの上で食事をしたことはありますが、外国航路を運行している船の食事なんてもちろん初めて。


今回の船はインドネシアと日本を行き来している船。
そして船長はセルビア人。クルーはヨーロッパ系の人とアジア系の人が混在しています。一体どんな料理が出てくるのやら・・・。



インドネシア産のミネラルウォーターを飲みながら待っていると、たっぷりの牛肉のトマト煮込み、付け合せのマッシュポテト。パンとコーヒーサラダはおかわり自由。
やっぱり向こうの人は食べる量から違います。
値段は激安。ま、社食みたいなモンですからね。


料理はシンプルながらも優しい味付けのなんだかほっとする味。

長期間船の上に乗っていると楽しみって食事だけですもんね。船によっては凄腕シェフの乗ってる船なんかもあるそうです。(結構船長の好みがあったりするとか)


食卓にサンバルなんか置いてあるところを見ると、たまにはインドネシア料理も出たりするのでしょうか。


遥かインドネシアを思いながら束の間の船上生活を楽しむことが出来ました。
[PR]

by umanichi | 2008-08-20 19:03 | 旅先の旨メシ  

<< 冷製パスタシリーズ第2弾  冷... この一手間が命取り!  完熟ト... >>