引越するのを早まった!?  天一@庄内通

明日からいよいよ師走ですね。
気になるのは忘年会やクリスマスよりM1とオールザッツ漫才。

こんばんわ。なかやんです。


今の家に引っ越してきたのは2年ほど前の話でして。


それまでは西区の庄内通近くに住んどりました。

そこは今の家と違い、そんなに美味しいお店が近くにたくさんあるわけでもなく、何か食べようと思うとちょっとでかけなきゃ・・・と考えてしまうような微妙な立地。


ところが最近になって、昔住んでいた家からめちゃめちゃ近いところに美味しい餃子屋さんが出来たと聞きつけ、懐かしの庄内通まで行って参りました。


お邪魔したのは天塚町にある天一さん。

餃子と牛肉湯がメインのお店です。
牛肉湯と書いて「にゅうろうめん」

真っ黒なスープに牛のスペアリブがごってりと入ったB級グルメ臭がぷんぷんとする食べ物。そしてどんぶりから漂うのは八角の香り・・・。

ん?これは・・・?

むむむ、これはLAOPASAで食べたバクテーのような食べ物か?
店のおっちゃんに訪ねてみたら、やはりこれはルーツを同じくする食べ物だということ。華僑が広めた料理マレーシアあたりではバクテー、台湾では牛肉湯として広まったのだとか。


おお、バクテードランカーとしてはこれをはずすわけにゃいかん。
餃子と牛肉湯麺(牛肉湯をラーメンにしてくれる)のセットをオーダー。


「ホントは餃子だけで勝負する店にしたかったんだよね~」とつぶやくおっちゃんの言葉どおり、餃子はホントにうまい。旨みがしっかりしてるのにあっさりしていてくどくない。ニンニクが入ってなくて、好みでタレにニンニクを入れて食べるのもうれしい配慮。餃子だけでがっつんがっつん食べられてしまいそう。


そして次がお待ちかねの牛肉湯麺。

おどろおどろしい真っ黒なスープを一口すするとあらびっくり。
思ったよりギトギトしてないのね。ってゆーかむしろ酸味の利いたさっぱりとした味わい。

「牛肉湯」というネーミングとその真っ黒な容姿から相当脂ぎった食べ物を想像してたのに実際の味わいはまるで逆。いろんなハーブが利いていて食べすすむに連れて胃の具合が良くなってくるような気さえします。さすが医食同源の国やね~。


LAOPASAのバクテーほどは上品で澄み切ってないのですが、個人的にはこっちの味のが好み。値段も安いし。


しまったな~。こんな店が出来るんだったら前の家にもうちょっと住んどきゃよかった(笑)



PS わしゃあんましデザートは食べませんが、嫁はんに一口もらったここの杏仁豆腐のウマさはただ事じゃなかったです。


【天一】
TEL 052-521-4101
住所 愛知県名古屋市西区天塚町1丁目73-2 レインボー天塚1F
[PR]

by umanichi | 2008-11-30 20:34 | エスニック  

<< 怒涛の週末その1 ~それは北陸... 北陸シリーズ第三弾! 遠方より... >>