怒涛の週末その2 ~夜間の電話攻勢~

「おい!このイノシシ持って名古屋行くぞ。あさって丸焼きにしよーや。お前の顔なら人間集められるやろ」


・・・って今もう金曜の夜よ?
これから日曜のスケジュール調整しろって・・・?


こないだの羊の時だってスケジュール調整にどんだけ苦労したことか・・・。


いや~ムリだよ~。
来年にしよーよー。
と渋るワタシに「イノシシはこの時期しか美味しくないんだ。こんなイノシシが週末に取れることなんてめったにないぞ。しかも日曜名古屋は晴天だ」と、この事実がいかに天佑であるかを必死に説得するおじさん。


ここは覚悟を決めるしかない。
祈る思いで仲間に連絡を取り始めるワタクシ。

しかも今回は20キロの大物。
前回の羊を超える人数を集めなければならない。
ホントに大丈夫なんだろうか・・・。

























奇跡が

起きました。






土台とクルクル棒の生みの親Dydyさんや丸焼参謀のDannaさんをはじめ前回の主要メンバーのほとんどが参加可能!

しかも人数はふくらみにふくらんで、合計28名!


っしゃー!!こんだけ集まればなんとかなるやろー!





残された問題は毛皮。
ハンターが狩ったイノシシは内臓は抜いてあるものの毛皮はそのまんま。

この毛皮をどうするか。


福井で相談するおじさんとワタクシ。


毛を剃るか。
しかし剛毛なイノシシの毛なんか剃れるのか?
床屋行ってバリカン借りてくるか・・・


いい策が浮かばないまま時間がすぎゆく。



そこへdannaさんから一本の電話が・・・!


(続く)
[PR]

by umanichi | 2008-12-07 22:53 | 大人のできるかな  

<< 怒涛の週末その3 ~運命のスペ... 怒涛の週末その1 ~それは北陸... >>