「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:フードオブザイヤー( 3 )

 

フードオブザイヤー2010

うわあああ!
全然更新が出来ないまま、もう年の瀬!


でもこれだけはやらないと年が越せないイベント、フードオブザイヤー。


今年出会った食べ物の中で一番美味しかったものを決める年末イベント。
それがフードオブザイヤー。

というわけで2010年のフードオブザイヤーを発表したいと思います。

【お店部門】
■  壷中天で食べたブーダンノワール
  実は今年初めて訪れた新栄のフレンチ壷中天。どの料理も繊細な味わいで美味しかったのですが、特に印象に残っているのがこのブーダンノワール。豚の血の濃厚な味わいとリンゴって相性がいいんだなあと改めて気づかせてくれた一品。


■ 京都の錦市場で買った鯖のなれずし
  有次の包丁を買った時に錦市場で見つけたなれずし屋さん。珍しいからと買って見た鯖のなれずしは卵こそ持ってないものの身のうまさはふなずしよりずっと濃厚。とろりとしたチーズのようなコクがたまりませんでした。


■ カルネヤのシェフによる熟成牛のビステッカ
 神楽坂のイタリアン「カルネヤ」のシェフを名古屋に呼んで、とあるワインバーで料理してもらおうぜ~っていう酔狂な企画にお呼ばれした時の料理。

 40日以上ドライエージングさせたという肉の塊は、赤身肉なんだけどトロトロに熟していて、歯ごたえがあるのに柔らかい。いわゆる霜降りの柔らかさとはまるで別次元の食感。
 熟した香りがまた素晴らしく炭火で焼くと一層引き立つ香りで口の中がいっぱいになります。

来年は神楽坂のお店にもお邪魔してみたいなあ。







【自作部門】
■ イラブー汁
 とあるフレンチのシェフをうちにお招きした時に作った料理。

 実はイラブー汁って食べた事なかったんだけど(苦笑)、山本彩香先生に教わったレシピでなんとか作り上げた思い出の料理。

イラブーってめちゃめちゃ濃厚なだしが出るんですね。



■ 猪の生ハム
 去年の猪の丸焼きの時にハンターからおまけで貰った猪の足で作った生ハム。
 ボクが塩漬けした後で福井のおっちゃんの家で熟成してもらいました。

 どんぐりを食べて育った猪の香りはイベリコの香りに近く、ナッツ系の香りがします。
 時間が経つごとに旨みが増し、製作から一年経った今の味はまさに感涙もの。
 今度はたくさん作って二年もの、三年ものにもチャレンジしてみたいです。
 


というわけで駆け足で今年一年を振り返ってみましたが、皆さんのフードオブザイヤーはなんでしたか?

また来年も新しい旨メシに出会える一年をでありますように!
[PR]

by umanichi | 2010-12-31 06:38 | フードオブザイヤー  

フードオブザイヤー2009

明日はクリスマス!!

でも鳥人の身体の部分を食べるわけにはいかないので、今年のイブは豚肉でガマンな我が家でして・・・。





クリスマスにM-1といえば、年末恒例行事のフードオブザイヤー。今年もやってまいりました!


これは10年ほど前から三河うまいもん紀行の掲示板でやらせていただいている企画なのですが、「今年特に印象に残ったおいしい食べ物はなんやねん」という、一年の振り返り企画。

来年もっと美味しいものに出会えるようにとの願いもこめて、今年一年の食生活の総決算をするお遊びです。



近年の受賞暦を見ると
2006年
・chezTOTO(クリストフ時代)の豚耳のファルシ
・松田屋旅館(山口)の披露宴料理
・旅館すぎもと(松本)の馬刺し
・屋久島の首折れサバ


2007年
・弥助の煮はまぐり
・ふじ原
・イノーヴェ
・セルヴァッジョのギアラ煮込み
・蛙の四川風煮こみ(dannaさん作)
・山本彩香さんの料理の数々


2008年
・大黒のればテキ
・要庵西冨家
・山猫軒と北村で食べたそれぞれのすっぽん料理
・ヒラメのからすみ
・羊の丸焼きと猪の丸焼き



という顔ぶれ。


で、早速今年のフードオブイヤーを発表させていただきますと。



☆外食部門「マルコンソール」(カウンターフレンチ:新栄)


☆麺類部門「慈庵」(らーめん:守山区)
 写真をとれなかったのでブログには掲載できませんでしたが、これまでの人生の中で最高峰のラーメン。
驚くほど透明感のある味なのに、旨みはどこまでも深い。
食べすすむごとに身体の芯からじんわりと旨みが広がっていきます。
食べると幸せを感じること請け合い!

☆スイーツ部門「栗粉餅」(和菓子:恵那)
 甘味が苦手なボクとしてはめずらしくスイーツ部門からの受賞。
 栗きんとんをまわりにまぶした餅はほんのりとしょっぱくて、その食感の組み合わせは鳥肌が立つほど感動的。机の上においてあるとあるだけ食べてしまう危険な罠です(笑)


☆自作部門「納豆手抜き麺二種類」
 ・豆乳バジル蕎麦 ・ひっぱりうどん



今年もかなり美味しいものを食べてきたと思っていたんですが、やはりこの年にもなると美味しいお店には行きつくした感もあり、なかなか新規開拓は難しいものです。


来年はもっと新しい味にチャレンジしていく年にしていきたいですね。


では皆さんよいお年を~。
[PR]

by umanichi | 2009-12-23 23:14 | フードオブザイヤー  

フードオブザイヤー2008!

あしたはM-1決勝戦。千鳥は今年は決勝まで残らんかったのね。
メンツ的にはキンコン有利?
わしにはわからん、アホじゃけえ~。


こんにちわ。なかやんです。



とっぷり年の瀬も押し迫って参りまして。


というわけでなかやん主催の恒例行事「フードオブザイヤー2008」を発表したいと思います。
わー パチパチパチパチ!


【※フードオブザイヤーとは?】
その年に食べた料理の中で、特に印象に残った料理・めちゃうまかった料理などに対してなかやんが勝手に与える称号のこと。
近年の受賞は下記の通り

2006年
・chezTOTO(クリストフ時代)の豚耳のファルシ
・松田屋旅館(山口)の披露宴料理
・旅館すぎもと(松本)の馬刺し
・屋久島の首折れサバ


2007年
・弥助の煮はまぐり
・ふじ原
・イノーヴェ
・セルヴァッジョのギアラ煮込み
・蛙の四川風煮こみ(dannaさん作)
・山本彩香さんの料理の数々





このフードオブザイヤーはこの10年くらい三河うまいもん紀行で続けているイベントなのですが、今年からはこのブログでも発表していきたいと思います。



前置きが長くなりましたが、いよいよ発表にうつります!


まずは名古屋市内のお店部門。


肉料理大黒のればテキ
 栄のど真ん中に突然現れたホルモン系立ち飲み屋。充実したラインナップのホルモンの鮮度の良さと立ち飲みならではのコスパの高さは他の追随を許しません。
 特にればテキの旨さは特筆モノ。他の競合店を押さえて堂々のフードオブザイヤーです。




続きましては旅先部門

要庵西冨家(京都)
 ボクらにはまだちょっと敷居の高かった京都の高級旅館。
 今回は少し背伸びして行って来ました。
 ・・・やっぱり高い店って値段だけのことはあるんだなあと思いましたわ。
 また来年も仕事頑張ってがっつり稼げるようになりたいもんです(笑)


☆すっぽん2種類(山猫軒北村
 すっぽんの美味しさを再発見させてくれた二つのお店。
 両方ともめっちゃめちゃ美味しいすっぽんだけど、個人的には味の方向性・コスパとも山猫軒の方に軍配をあげるかな。



そして最後は自作部門

平目のカラスミ
 カラスミの概念が完全に覆った一品。
 見た目はキレイじゃないけど、そのクリーミーな味わいは完全にボラを上回ります。
 また平目のカラスミ作ったら是非作ってみたい一品。


☆丸焼き2種類(イノシシ 
もう説明は不要でしょう!
 今年一番の大イベント。ってか一年に2回も丸焼きやるとは当の本人もまるで予想してませんでした。
 特にイノシシ食べた時の感動はとてもボクのつたない文章では伝えきれません。
 

以上が今年のフードオブザイヤーです。


皆さんにとってのフードオブザイヤーはなんでしたか?
もしよかったら是非教えてください。



来年もまた美味しいものに出会える一年でありますように!
[PR]

by umanichi | 2008-12-20 09:07 | フードオブザイヤー