「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:エスニック( 4 )

 

自由奔放なエスニック居酒屋 ~なんJAHコレ屋@新堀川~

な・・・なんじゃあああ こりゃああああ!!!!




どうも。
太陽にほえろよりも探偵物語派のなかやんです。



つーか、2ヶ月もブログほったらかしにしておいて、なんじゃこりゃと叫びたいのは皆さんのほうですよね(苦笑)






今回は南インド料理会のてっしーさんに誘われて新堀川のなんJAHコレ屋さんにお邪魔してきました。

少し不便な場所にあるこのお店ですが、金山駅までお店の方が送迎してくださいます。


金山駅からガード下をくぐって、暗い路地を走っていると見えてくるのがこの看板。


b0138713_14272949.jpg
怪しすぎる看板



b0138713_14273168.jpg
もっと怪しい看板



b0138713_14382015.jpg




い、いや、結構汚い系の店は好きなほうですし、さぬきうどん屋さんなんかめぐってても怪しい看板はよくみるほうなんですが、この看板の怪しさは今まで見てきた看板の中でもダントツで1番なんじゃなかろうかと・・・。
いや、ほめ言葉なんですけどね。




お店の内装もいい感じに怪しくて、おまけに照明が薄暗いもんですからアジアの雰囲気はばっちりです。
もう料理を食べる前からこの店に100点をあげたくなってきました。


お二人で店をやられている小さなお店ですので、ゆったりと料理が出てきます。



b0138713_14273334.jpg
生春巻き

見てのとおりパクチーががっつり。
ノーパクチー ノーライフを標榜するボクにとってはうれしいサービス。

中に入ってるのが春雨じゃなくてきしめん状の平べったい米粉麺なのも本格的でうまい。
独特な香りがいいんですよね。これ。



b0138713_14273581.jpg
中落ち


あーあーあー。
エスニックで中落ちね~。あるある・・・ねーよwww


この斬新すぎるコラボにはかなり驚かされますが、やっぱり中落ちはうまい!その上楽しい!!

身をごそっと削いだ瞬間、中落ちは「生命」から「食材」へと変化するのです。
自分の手の中で食材を産み出す快感がここにはある。これ、なかなか出来ない体験ですよね?



b0138713_14273721.jpg
中落ちの海苔巻き


中落ちの一部は納豆とあえて海苔巻きに。
これまたうまいっ!!



b0138713_14273879.jpg
ラープ

豚挽き肉のライム炒め。
鮮やかな香りの豚肉に、唐辛子の種が辛さの後をひく。

ざく切りにした生キャベツといっしょにいただくとビールがいくらでも入っていく。
こりゃウコン必須な料理ですな(笑)




b0138713_14274174.jpg
ヤムウンセン

タイ料理の中で一番大好きな料理、ヤムウンセン。
「小さな唐辛子はプリッキーヌだから気をつけてね」とおかみさん。


いや、大きいほうの唐辛子もハンパなく辛いっすよ・・・(笑)

でも、その辛さが美味しい。アツアツのうちに食べきるのがお店に対する礼儀ってもん。
いそいでがっつりいただいちゃいましょう。

これまたビールがすすむ~。



b0138713_14274390.jpg
ガイヤーン

自分で焼くスタイル。
めずらしい。



b0138713_14274752.jpg
ビビンバ

中落ちの余りで作ってくれるマグロユッケビビンバ。


エスニックに中落ちにビビンバ・・・とまさに自由奔放なこのお店。
好き嫌いは分かれるお店かもしれませんが、はまるとどっぷりはまる店。

値段も安いし、近所にあったら確実に通い倒す店になるんだけどなあ。

次回オフ会が開催されるのを楽しみに待ちたいと思います。






[PR]

by umanichi | 2010-09-05 14:31 | エスニック  

兼中かおる世界の旅  ~タブレサラダ@カタール~

おはようございます。兼中かおるでございます。

このタイトルを見て日曜の朝を思い出した人は確実に30代を超えておりますのよ・・・。




少し前の話になりますが、実はワタクシカタールに行っておりました。

砂漠地帯ということもあり、特段美味しいものなどは期待していなかったのですがそこのホテルで朝食で出てきた「タブレサラダ」というものはなかなかの味でして。

b0138713_21402596.jpg
 タブレサラダ



パセリとトマトを刻んでレモンとオリーブオイルで味付けしたシンプルなサラダ。
パセリがどっさり使ってあるのに苦味や渋みもない。不思議!と思ってたらパセリの種類が違うんだとか。
どうやらイタリアンパセリを使っている模様。


こってりした料理が多い中、このサラダの存在は本当にありがたく、朝からパセリをガツガツいただいておりました。



その他面白かった料理はハムールのムニエル。
どうやらハタの仲間らしく、中東ではポピュラーな魚。
独特の歯ごたえと繊細な味わいがめちゃうまいです。ってあたりまえか。ハタだもんね。

b0138713_21413028.jpg
 ハムールと海老のロースト


てなわけで、すっかり気に入ってしまったタブレサラダ。

今度は親父にイタリアンパセリ作らせて、自家製タブレサラダにチャレンジしてみますね。
[PR]

by umanichi | 2009-11-15 21:42 | エスニック  

引越するのを早まった!?  天一@庄内通

明日からいよいよ師走ですね。
気になるのは忘年会やクリスマスよりM1とオールザッツ漫才。

こんばんわ。なかやんです。


今の家に引っ越してきたのは2年ほど前の話でして。


それまでは西区の庄内通近くに住んどりました。

そこは今の家と違い、そんなに美味しいお店が近くにたくさんあるわけでもなく、何か食べようと思うとちょっとでかけなきゃ・・・と考えてしまうような微妙な立地。


ところが最近になって、昔住んでいた家からめちゃめちゃ近いところに美味しい餃子屋さんが出来たと聞きつけ、懐かしの庄内通まで行って参りました。


お邪魔したのは天塚町にある天一さん。

餃子と牛肉湯がメインのお店です。
牛肉湯と書いて「にゅうろうめん」

真っ黒なスープに牛のスペアリブがごってりと入ったB級グルメ臭がぷんぷんとする食べ物。そしてどんぶりから漂うのは八角の香り・・・。

ん?これは・・・?

むむむ、これはLAOPASAで食べたバクテーのような食べ物か?
店のおっちゃんに訪ねてみたら、やはりこれはルーツを同じくする食べ物だということ。華僑が広めた料理マレーシアあたりではバクテー、台湾では牛肉湯として広まったのだとか。


おお、バクテードランカーとしてはこれをはずすわけにゃいかん。
餃子と牛肉湯麺(牛肉湯をラーメンにしてくれる)のセットをオーダー。


「ホントは餃子だけで勝負する店にしたかったんだよね~」とつぶやくおっちゃんの言葉どおり、餃子はホントにうまい。旨みがしっかりしてるのにあっさりしていてくどくない。ニンニクが入ってなくて、好みでタレにニンニクを入れて食べるのもうれしい配慮。餃子だけでがっつんがっつん食べられてしまいそう。


そして次がお待ちかねの牛肉湯麺。

おどろおどろしい真っ黒なスープを一口すするとあらびっくり。
思ったよりギトギトしてないのね。ってゆーかむしろ酸味の利いたさっぱりとした味わい。

「牛肉湯」というネーミングとその真っ黒な容姿から相当脂ぎった食べ物を想像してたのに実際の味わいはまるで逆。いろんなハーブが利いていて食べすすむに連れて胃の具合が良くなってくるような気さえします。さすが医食同源の国やね~。


LAOPASAのバクテーほどは上品で澄み切ってないのですが、個人的にはこっちの味のが好み。値段も安いし。


しまったな~。こんな店が出来るんだったら前の家にもうちょっと住んどきゃよかった(笑)



PS わしゃあんましデザートは食べませんが、嫁はんに一口もらったここの杏仁豆腐のウマさはただ事じゃなかったです。


【天一】
TEL 052-521-4101
住所 愛知県名古屋市西区天塚町1丁目73-2 レインボー天塚1F
[PR]

by umanichi | 2008-11-30 20:34 | エスニック  

濃厚なコクのカレーが最高  LAOPASA@高岳

今日は高岳にあるLAOPASAでランチ。
ここは海南鶏飯で有名なシンガポール料理屋さんです。

ランチは海南鶏飯、カレー、フォーの3種類からチョイスするシステム。

なんとなくスパイスの刺激に飢えていたので今日はカレーをオーダー。
本格的なカレーを家で作るのって結構大変だしね。


真面目そうなマスターが丁寧に作っている料理をカウンター越しに眺めているとカレーが運ばれてきた。

おお!エビとイカがごろごろと乗っている気前のいいシーフードカレー。
いいねいいね。
ライスはインディカ系の細長米。

野菜はスープカレーみたく一度素揚げにしたものをトッピングしており煮込まれているわけではない。

ベースはココナッツミルクかな。やや甘めの香りが漂う。
それと仕上げに卵をかきいれて半熟に煮溶かしてあるようだ。
こりゃうまそう。

卵型の皿からスプーンですくい口に入れると・・・こりゃあいい。
ココナッツミルクと卵の濃厚なコクが口の中でこっくりと広がる。うん、うまい!

そしてなんだか不思議な食感。
・・・食感?口の中でプチプチとした微妙な歯ごたえがある。
細かく砕いたナッツのような歯ごたえだ。

アーモンドかピーナッツでも砕いてカレーに入れてるのかな?(クルミかもしれん)
どうりで旨みが濃厚なわけだ。


魚介や野菜の火の通し加減もバツグン。ぷりぷりのエビ、ほっこりしたジャガイモなどどの具も美味しい。



ちなみにこの店、夜もすごいです。
特にバクテーの旨さは悶絶級。夜にLAOPASAに行った際には是非おためしを。



【LAO PASA】
名古屋市東区泉2-13-4 カスティロ泉1B
TEL 052-932-1710
月曜定休
[PR]

by umanichi | 2008-06-10 13:39 | エスニック