「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

帰りの駄賃で・・・  まるみ@日生(岡山)

岡山からの帰り道。

実家から名古屋方面に帰るには備前ICを利用するのが一番便利なのですが、その備前ICからほど近い場所にあるのが岡山近郊の漁師町日生(ひなせ、と読みます)。


日生は昔から牡蠣の養殖で有名な場所ではあるのですが、ここ数年地元で小さなブームになってるのがカキオコ。


ゆるーい生地と少し荒めに刻んだキャベツのお好み焼きに信じられないほどの牡蠣を盛ってジュージューと焼いたB級グルメ。


しかもほとんどのお店はキチンとしたお店じゃなくて掘っ立て小屋に毛が生えた程度のお店でおばちゃん1人が切り盛りしてるとか。


これはちょっとさぬきうどん巡りに近いディープでコアな香りがぷんぷんします。


せっかく岡山に帰ったのだからこれは帰りの駄賃に立ち寄らねばバチが当たるよね・・・と勝手に理由付けして行ってきました日生まで。





b0138713_14435353.jpg
          日生の風景。のどかな漁港といった雰囲気。


ここには魚市場なんかもあったりして、地元の魚が安く買えたりもします。
岡山の土産に殻付きの牡蠣を買って、みんなで牡蠣焼いて食べよう!と思って魚市場にいったところなんと市場は定休日。

あちゃー!もう牡蠣買って帰ることはみんなに行ってあるしどうしよう・・・。



肩を落としながらカキオコ屋さんを探します。お店のおばちゃんに牡蠣のこと聞いてみようか・・・。



そして入ったお店は「まるみ」というお店。
b0138713_14472394.jpg

b0138713_14472820.jpg
          手書きの看板がいい感じ





b0138713_14482432.jpg
          内装も最高だ



この飾らない店の作りは、まさに漁港の一角のお好み焼き屋さんといった風情。
いやがうえにも旅情が高まってきます。いいですねえ、この非日常感。



お店に入ると客はボクひとり(まだ11時過ぎでしたからね。)

注文して、お水飲みながらお好み焼きが焼きあがるのを待ちます。


b0138713_158412.jpg
          この牡蠣の量!!



あ、そうそう。殻付きの牡蠣のこと聞いてみなくちゃ。


な「おばちゃん、今から名古屋へ帰るけえお土産に牡蠣買って帰りてえんじゃけど、今日市場休みじゃろ?どっかこの辺で買えるとこねえんかなあ。殻付きのやつ」

おば「あ、うちの裏の魚屋さんに今日殻付きのやつ入っとったよ。私の顔で安うなると思うけえ、今から一緒に買いに行こうか」

な「え?ええんかな。そんなん?」

お「ええよ。せっかく名古屋から食べに来てくれたんじゃからなー」


と、カギもかけずに店を出て行くおばちゃん・・・。
そしてお好み焼きは焼きっぱなしのまんま・・・。


くうう、まさかおばちゃんと一緒に買い物が出来るとは!
こりゃ最高のシチュエーションじゃ・・・。


そして裏の魚屋さんで一斗缶入りの牡蠣を買い、ほくほく顔で店に帰ってみるとおばちゃん不在中に店に入っている常連と思しきお客さんが。

客「まるちゃん、どこ行っとったんでえ」

おば「ああ、ちょっとな。買い物しとったんよ」

客「私もお好み焼きな」

おば「はいはい」


うひゃー!お客さん全然不審がっとらんが!!
この店じゃおばちゃん不在が日常茶飯事なんか!(笑)



ってなやりとりがあるうちにカキオコが焼けて出てきました。
b0138713_157136.jpg



コテで切ってびっくり。
お好み焼きの断面は牡蠣、牡蠣、牡蠣。

牡蠣好きなボクにとってはうひゃーと飛び上がるほどうれしい。


いい感じに焼きあがった牡蠣は海の香りがさらに凝縮されていて、口の中に広がる濃厚な旨み!
そしてまたこれがソースと合う合う。

まさか牡蠣がお好みソースとこんなに相性がいいとはね。新しい発見。


おば「一味かけても美味しいんよ」


「薬味は全入れ教」に入信している両親に育てられたボクにそんな誘いが断れる訳もなく、パラパラと一味をかけるとこれがまたうまい!



しかしこれでビールが飲めないのは正直拷問。

今度帰省したときには、誰か運転手を見つけてカキオコツアーでもやってみることにしてみようっと。
[PR]

by umanichi | 2009-04-26 15:19 | 旅先の旨メシ  

日本酒できるかな ~終わりに~

10日間という短い間ながらも、濃密で充実した日々を送ることが出来た蔵での生活。


毎日新しいことの発見で、酒造りの方法をメモしていったノートは20ページにも及びました。


特に強く感じたことは、記事中で何度も書いたとおり徹底した衛生観念。
蔵の中を清潔に保つことからいい酒ってのは生まれてくるんだなあ、と今さらながら感じることに。


そしてプロセス量が見えない中でのプラントのコントロールがいかに難しいものなのか。

たとえば、鉄を作るプラントであれば出来上がった鉄骨の太さ、堅さなどをフィードバックしながらプラントの温度や圧力なんかをコントロールしていけばいいのでしょうが、酒作りの工程のほとんどはブラックボックスの中。


どのような麹を作って、もろみを何度にコントロールすればこういう味のお酒が出来る・・・ってのはまったく見極められないまま手探りの状態でお酒を造っていく。

もろみの成分分析は毎日行うものの、一番頼りになるセンサーは自分の鼻と舌が全て。


そんな環境の中で自分の理想とする酒に一歩でも近づくためには杜氏さんの熱い情熱と誇りがきっと欠かせないんでしょうね。




蔵に通っていた日は仕事が終わってからもI野さんといろんな話をしました。

どうしたらもっと良いお酒が作れるかという方法論から、販売ルートのことや仕入れの方法、広告論、経営論、蔵の運営、果ては人材の育成の方法まで。

一人の杜氏でありながら、同時に蔵を経営する専務という肩書きもあわせもつI野さん。

多くの課題にぶつかりながらも「もっといい酒を多くの人に楽しんでもらいたい」という情熱からその課題に真剣に取り組んでいってる姿には本当に頭がさがりました。

ここ板野酒造のみならず、美味しいお酒を作っている蔵ってのはすべからく聡明で実直で勤勉な人々の情熱で支えられているのでしょうね。



I野さんからはこの酒造りを通して多くの事を学んだ気がします。
在蔵期間中は本当にお世話になりました。この場を借りてお礼をいいたいと思います。本当にありがとうございました。

また、今年の酒ももっと美味しくなること期待しています。
それでは、またいつか。
[PR]

by umanichi | 2009-04-21 22:12 | 大人のできるかな  

日本酒できるかな その13 ~いよいよ感動の瞬間が!~

初絞りの当日。
さすがのI野さんも今日ばっかりは顔に少し緊張が伺えます。


そしてくしくも今日はなかやんの修行最終日。
この感動の瞬間に立ち会えて本当によかった。


最初は普通酒絞りから。


まず、できあがったもろみをポンプで圧搾機で移送。

b0138713_2244524.jpg
           モロミポンプ
          ポンプには造詣の深いなかやんではあるが、
          こんなポンプはさすがにはじめて。


b0138713_226391.jpg
          こんな風に接続します



b0138713_227287.jpg

          ゴボッゴボッという音とともにもろみが圧搾樹の中に入り・・・




コンプレッサで圧搾機に圧力を加えていきます。




b0138713_22104634.jpg
          圧力表示部




I野さんのお子さん(4歳)お上手に字かかれるんですね。もう漢字もかけるんですか!!すごいですね!!

裸「そりゃあ、ワイの字じゃあ・・・」



絞ったお酒はこのでっかい容器の中にたまっていきます。
もちろん、容器やホースは前日に念入りに消毒済み。
b0138713_22153118.jpg

          酒貯蔵容器



この容器には覗き窓がついており、ここから覗くと・・・



b0138713_22181655.jpg
          感動の瞬間!!


すこしわかりづらいですが、上からお酒が滴り落ちてきてるのがわかります。



やったー!やりましたね!I野さん!!!

着「いや、まだわからん。絞るんは誰でもできる。味を見てみるまではほんまにええ出来かどうかはわからんのじゃ」

い、I野さん・・・。いつになく目がマジじゃないですか・・・。しかもいつのまにか着衣になってるし・・・。それだけ真剣なんですね。

裸「いっつも服は着とる!!!」




そして杜氏による試飲
b0138713_222351.jpg
          今年のファンタもいい出来だ・・・



もちろんなかやんも試飲させていただく
b0138713_22271148.jpg




う、うまーーーー!!!
なんすか!このフレッシュ感は!!

今まで飲んだことのない感覚。
すこし口の中に残る炭酸感。ほのかな酸味とむせ香るような香り。
そして力強い旨みに加え、鮮やかな味わいが!

裸「うめかろーが!」

はいっ!これ、ホント美味しいですわ。とても普通酒とは思えません!

裸「絞りたての酒ってのはほんまにうめえんよ。この味ってのは絶対にここでしか味わえん。加熱したらこの味のうなるけえのう」

そうなんですねー。じゃあなんでこのまま売りに出さないんですか?

裸「それがなー。この味はホンマにはかないもんなんよ。過熱殺菌せんと酵母がまだ生きとるけえ、瓶に入れとってもどんどん味が変わってしまうんじゃあ」

ああ、なるほど。だからいつもとは違った味わいだったんですね。




この後、ろ過・過熱・瓶詰め等の工程がありますが、残念ながらここでタイムアップ。

長きに亘った修行生活はひとまずピリオドを打ったのでした。
[PR]

by umanichi | 2009-04-19 22:37 | 大人のできるかな  

日本酒できるかなその12 ~もろみをしぼれば出来上がり~

おい、スティーブ!
タマネギをどこやっちまったんだ!?


どうも、世界の料理ショーにすっかり夢中のなかやんです。



「誕生日プレゼント何が良い?」って聞かれたときに真っ先に思い浮かんだのがコレ



なかやんが幼少のみぎり、学校から帰ってから妹と食い入るように見てた超なつかしの世界の料理ショー。


小粋なジョークを交えながらスーツのまま格好よく料理していくグラハム・カーに心躍らしていたものでした。最後に一緒に料理を食べる観客になりたい!と何度思ったことかww



まあ、そんなわけで最近は時間があればDVDばっかり見ていてすっかり更新が滞っておるわけです。
いや、すまんねー。





えーっと前回は蒸し回しのところまで書いたんでしたね。
その前はもろみ作り。



えーっともろみが完成すれば、こいつを絞ってお酒が出来上がりです、ハイおしまい。

さ、グラハム見よ~♪

というわけにもいかんので・・・
[PR]

by umanichi | 2009-04-12 12:09 | 大人のできるかな  

【忘れ物のご連絡】 牡蠣と桜の会

昨日のオフ会参加者でお忘れ物をした人はお見えにならないでしょうか。

・車の鍵(銀行のカギと三ツ矢サイダーの栓抜き付き)
・男物の黒いジャケット(ZIMAのロゴあり)
 以上二点は魔神亭であずかってもらってます。


それから女性モノのジャケット(?)を酒YOSHIDAさんにあずかってもらっているそうです。

お心当たりの方が見えましたら、ご連絡を。
[PR]

by umanichi | 2009-04-06 20:01