「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

おフランス気分でアウトドア ~フレンチバーベキュー@名古屋某公園~

「フレンチバーベキュー」

なんとも魅力的なこの言葉を初めて聞いたのはもうずいぶん昔。

銀座に遊びに行ったDydyくんがヴァンピックルでめちゃめちゃおいしい豚肉を食べてきたというのだ。


聞けば、フレンチバーベキューとはフランスの収穫祭。
ワイン用の葡萄を取ったあとで、刈り取った葡萄の枝を燃料に使ったバーベキューだという。

葡萄の枝の香りが肉に移り、それはそれはおいしいバーベキューになるのだという。




以前はヴァンピックルはラシックの中でも食べられたのだけど、残念ながらヴァンピックルは名古屋から撤退。
東京まで行かないと食べられない幻の味になってしまったのでした。



あんなにおいしいものが食べられなくなったのは残念でしょうがないので、今回は仲間を集めてフレンチバーベキューにチャレンジ!!


まずは葡萄の枝の調達。

こころみ学園さんというところで葡萄の枝を販売していることが判明し、まずは一安心。


ま、これさえあればフレンチバーベキューは完成したも同然ですなw

b0138713_2214340.jpg
取り寄せた葡萄の枝



前日から肉を下ごしらえ。

鴨は赤ワインと香味野菜、
豚バラはローズマリーとブラックペッパーで、
鶏モモ肉はガーリックオイルにそれぞれ漬け込みます。




当日、会場についたらまずはテーブルとコンロのセッティング。
最初に備長炭に着火し、少し火が落ち着くまで待ちます。


待ってる間の炎がもったいない、とアルミホイルでなにやら細工しはじめたのはdannaさん


d「今日は手羽中でコンフィ作ってきたからこれホイルであっためて食べようよ」
おおお!いきなりテンションあがりますね!
b0138713_22154499.jpg
予期せずフランベしてしまうオリーブオイル達(苦笑)


ガチョウの脂とオリーブオイルで作ったというコンフィは、口の中でほろほろと崩れ、ねっとりと絡みつくような旨みがあふれ出します。うまい!!




d「それから家に羊の胃袋があったから、きのこと一緒にホイル焼きにしようぜ」
冷蔵庫に羊の胃袋がある家なんて日本に何軒あるのよ?(笑)

b0138713_22163447.jpg


羊独特の香りがきのこに移り、豊かな味わい。
ビールがぐんぐん進みます。



サイドメニューからこのすべりだし!!
dannaさん、やってくれるねー。



火を起こしてる間に、もうひとつ準備することが。
本日の隠れたイベント「芋煮」。

野菜と肉を切り、皮をむいた芋を入れてお鍋へ。
あとは酒を飲みながら待つだけ~。

b0138713_22173077.jpg
東北の秋の風物詩 芋煮









葡萄の枝をくべて、いわゆる「オキ」の状態になったらいよいよフレンチベーべキューのスタート!!


まずは鴨肉から焼いていきますよ。

表面がかりっとなるまで焼いたらアルミホイルに包んで5分ほど休ませて・・・と。


b0138713_22191312.jpg
きれいなロゼ色に仕上がりました


野性味あふれる鴨の味と、葡萄の香りがまざりあいこれが絶品!
ん?この葡萄の香りはワインの香りか(笑)



この鴨もうまかったですが、特筆すべきは豚バラ!(酔っ払ってるため写真なし)
厚めに切った豚バラを遠火でじっくりと焼き上げた旨さはまさに感涙もの。

表面はかりっと。中はねっとり。やっぱりフレンチバーベキューは豚に限りますね~。



そしてにんじんは一本丸ごと表面が真っ黒けになるまで焼いて
b0138713_22255376.jpg




dannaさんが軍手をはめて、皮を破いてくれるとホラこのとおり
b0138713_22264135.jpg



オリーブオイルと塩で食べると、まるで焼き芋のように甘くてほくほく!
以前、たまねぎを同じようにして食べたときも最高に美味しかったけど、やっぱり野菜は丸ごと焼いて食べるに限るね!








b0138713_22304823.jpg


そして定番のdannaさん特製炊き込みご飯も炊き終わり、本日のバーベキューはここで終了。

しかしながらバーベキューが終わったあとも芋煮を食べつつビールをあおり、日が暮れるまで宴会は続いたのでした。





今回痛切したのは「バーベキューはあせっちゃイカン」ということですね。
・炭に火がついてもすぐに焼かず、表面が白くなるまで待つ。
・炭は薄めに敷いて、遠火でじっくりと焼く。
・肉や野菜は大きな塊で時間をかけて焼く。
・待ってる間はほかに美味しいものを食べながら酒を傾ける。


この歳になってようやく、そんな余裕のあるバーベキューにたどり着いたということ・・・なのかな?
[PR]

by umanichi | 2009-09-21 22:36 | 大人のできるかな  

干豆腐を知っているか  ~干豆腐の香菜和え~

昔、中国へ旅行へ行ってきたオカンからもらった摩訶不思議なお土産、干豆腐。
シコシコとササミのような歯ごたえがあって、豆の旨みがしっかりと感じられる不思議な食感。

とってもおいしかったのだけれども、名古屋では売ってるところを見たことがなかったのです。



ところが先日東京に遊びに行く機会がありまして。
最近は池袋に中国人街が形成されつつあるというウワサを聞いて、中国食材店に行ってきました。

中に入ると怪しい食品群のオンパレード!
こんな面白いところに来ると、うひゃーとうれしくなってしまいます。

いろんな調味料を買い揃えていると、やはりありましたよ!干豆腐が!!


当然のように大量に買い込み、家で和え物を作ってみることにしました。


○干豆腐は適当な大きさに切り、軽くゆでる。

○薄くスライスしたきゅうりと、ざっくりと切った香菜を混ぜ、ニンニク・ごま油・醤油・酒・ナンプラーで作ったドレッシングで干豆腐とともに和える。

○皿に盛り付け、上から具入りラー油をまわしかけて出来上がり。

b0138713_931181.jpg
       ハムのように見えるのが干豆腐


香菜がぷうんと香り立ち、具入りラー油との相性が抜群。
パクチードランカーの僕としてはうれしい限りの料理。

パクチー苦手な人にとってはにおいもかぎたくないような料理かもしれませんがw
カメムシ源さんなんぞは卒倒するに違いない。


干豆腐のシコシコとした歯ごたえと香菜のシャキシャキした食感の取り合わせもいいし、ビールにもごはんにもよく合います。


もしどこかで干豆腐を見かけることがあったらぜひお試しを!
[PR]

by umanichi | 2009-09-16 09:52 | 自宅で旨メシ  

【参加者募集】2009年度 猪丸焼きの会

今年度の猪丸焼き会の日程が決定いたしました!

b0138713_23114225.jpg


11月22日(日) 9:00集合 
  雨の日は23日(祝)に延期となります。
場所は名古屋市内の某公園
 (参加表明された方には別途ご連絡させていただきます)
 

基本的には内輪でやってるお遊びなのですが、日頃からこのブログを見てくださっている皆様からも若干名参加者を募集したいと思ってます。


参加を希望される方は、この記事のコメント欄に参加表明をお願いいたします。

今回の募集枠は10名。先着10名様が優先で、万が一それ以上のお申込があった場合はキャンセル待ちとさせていただきます。


11/7 9:00現在 
覆面さん
てっしーさん
katooさん
そ~のさん
そ~のさん友人
ノヒロさん
YURIさん
ジュイチさん
ガチャピンさん
zizidogさん

以上10名の方のお申込がありました。




申込人数が規定の10名に達しましたので、以上の方々を持ちまして参加者募集は終了とさせていただきます。


b0138713_23145298.jpg

[PR]

by umanichi | 2009-09-09 23:15 | 大人のできるかな  

南インド料理できるかな@瑞穂生涯学習センター その3

どんどんと南インド料理が作られている中、僕ひとりは違う作業を開始。

そう、やっぱりうどんを打たなきゃね!


と、ごそごそとうどんを作り始めます。
b0138713_17285215.jpg
       ちょっと不思議な色のうどん


いつもとは違った、黄色っぽいうどんが。


そう。今日は南インド料理の勉強会。
カレーにあわせるためにサフランライスならぬサフランうどんをうってみたってわけ。

うどん粉にあわせる塩水にサフランを浸しておいて、その黄色いサフラン塩水でうどんを打ってみました。




b0138713_17291377.jpg
       ゆでると一層黄色が鮮やかに




b0138713_17293022.jpg
       表面の仕上がりも悪くありません




とかなんとかやってるうちにカレーも完成。

参加者のうちの1人が入手してきたバナナの葉の上に出来上がった料理を盛り付けます。
うーん。やることがいちいち本格的ですなー。感動します。



b0138713_1736329.jpg
       ごちそうはバナナの葉の上に



b0138713_17371298.jpg
b0138713_1737328.jpg



ここまでやられたら、やっぱりスプーンや箸を使うわけにゃいかんでしょう。
現地スタイルで手を使った食事に初挑戦。

でもやっぱりあんまり上手には食べられません(苦笑)。
どうしてもポロポロとこぼしちゃいますね。見苦しいところをお見せして申し訳ありませんでした。




それにしても本当に楽しい会でした。
料理ももちろん楽しかったのですが、参加されてる皆さんの入れ込みようがすごくてなかやん感動いたしました。


皆さんにまけないようにワタクシこれからますます料理道を精進していきたいと思います。
[PR]

by umanichi | 2009-09-06 17:42 | 大人のできるかな  

南インド料理できるかな@瑞穂生涯学習センター その2

会場についたら、レシピが配られ、てっしーさんが解説を。

b0138713_8524814.jpg
       イケメンのてっしーさん


て「今日はこんな感じの料理を作ろうと思ってます。12品あるので4班に分けて、1班に3品くらい作ってもらおうかと思います」



ホワイトボードを見ると

ジャスミンライス
ナスのサンバル
トマトラッサム
ムングダール
キャベツのトーレン
ピーマンとタマネギのアチャール
ライタ
カッチャモール
ワダ
ココナツチャトニ
トマトチャトニ
パパダム




・・・って全然わかりませんがな(笑)


チャトニってのはチャツネのことか?
サンバルってインドネシアの調味料じゃなかったんかいな・・・(←後にまったく違う料理ということが判明)





そして机の上を見ると

b0138713_901275.jpg
       すんげースパイスの山!





自分で料理をするときっていうのは、基本食べたことのあるもの。
「この料理美味しいなあ。再現したいなあ。」っていうのが、僕の料理をするための原動力かなって思ってる。

今回みたいな聞いたこともない、想像もつかない料理っていうのはどうやって作ればいいのかさっぱりわからない。

エンジニアの人ならわかってもらえると思いますが、仕上がりをイメージしながら作業することってのは大事なことですよね!?



てなわけでレシピを片手におっかなびっくり料理を開始。
うーん。こういう気持ちになったのって久しぶり。

料理を始めた頃ってこんな感じだったよなー。レシピとにらめっこしながら一つ一つ作業を進めていく。なんだか料理初心者に戻った気持ちで新鮮。



b0138713_911592.jpg
       キャベツのトーレン。蒸して炒めてスパイスする。
       やたらとうまい。





b0138713_9112893.jpg
       サンバル。初めてなのに懐かしい味。
       不思議。






b0138713_912587.jpg
       真ん中に見えるのがカレーリーフ。
       奥はマスタードシード。






b0138713_91357.jpg
       チャイを作り始める人たち。さすがだ(笑)





b0138713_9134251.jpg
       えーっとこれはなんだったかな(笑)
       ヨーグルトのサラダ。





b0138713_91437.jpg
       これがワダ。もっちりしていて塩味がきいてる。
       ビールのつまみにもいい感じ。






その3へ続きます。
[PR]

by umanichi | 2009-09-05 16:22 | 大人のできるかな  

南インド料理できるかな@瑞穂生涯学習センター その1

ま、まさかこんな集団が名古屋に存在しようとは・・・。






とある飲み会で知り合いになったてっしーさんに声をかけられ、「南インド料理勉強会」っていう会に参加させていただくことになりました。


南インド料理??
わざわざ「南」ってつけるのには何か理由が!?

て「いわゆるインド料理ってのはインド北部の料理なんです。北部のカレーは小麦を主体としたカレー。南部は小麦を使わず豆を使った料理が多いんですよ。インドって意外と広くて面積だと西ヨーロッパと匹敵する広さなんですよね。だから南と北とで全然違う料理が出てくるんです」


ほほー!
そうなのか!!

で、今回の趣旨は?

て「今までは、南インド料理に精通した方を名古屋にお招きして時々オフ会をやってたんですが、最近その方たちがお忙しくなったので、自分達でレシピ片手に自習してみようかと」


むう。なるほど。


て「で、スパイスは僕の方で準備しようかと思ってるんですが、カレーリーフがなかなか手に入らなくて困ってるんですよね」


おお!カレーリーフなら、昔スープカレーを作ったときのやつが我が家に少し残ってますよ!
是非それを使ってくださいな!



て「いやいや、乾燥スパイスじゃなくて生のカレーリーフが必要なんです。仲間うちでカレーリーフをそれぞれ栽培してるんですが、今回はそれだけじゃ足らなさそうなんで・・・」


ええええええ!!??
か、カレーリーフを栽培ですか・・・!
そ、そりゃあすごい。まさかそんなマニアックな集団が名古屋に存在していたなんて。
オラなんかワクワクしてきたぞ!


てなわけで8月の週末、会場である瑞穂区生涯学習センターの調理室まで行ってまいりました。


集まったのは約20名。
サリーをまとった女性や、南インド在住経験のある方がいらっしゃるなど、いずれ劣らぬツワモノぞろい!


はたしてどんな料理ができるのか。
そもそも南インド料理とは・・・?


てなわけで後半に続きます。
[PR]

by umanichi | 2009-09-05 08:49 | 大人のできるかな