<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

職人気質の激旨カウンターフレンチ ~マルコンソール@新栄~

ぽっかりと予定のあいた平日のお休み。

久々に嫁さんとランチに行こうと思い立ち、セルヴァッジョに電話してみるもやっぱり満席。

うーん。どうしよ。
イノーヴェもいいかなあ、と思ってたときにひらめいたのがマルコンソール。


以前sakaeさんが大絶賛してたのを見ていてとっても気になってたのだ。
早速電話すると「予約とれますよ」とのこと。ほっ。



場所は新栄。飯田街道沿いのわかりやすい立地です。

中に入るとカウンターのみの小さなお店。
ガラス張りの二重構造のカウンターがめっちゃかっこいいです。



b0138713_11162825.jpg
スパイスやらドレッシングやらが下の段に置いてあり、シェフの手元が丸見え。まるでキッチンスタジアム。


照明の使い方も素敵で、きっと夜に来るともっともっと雰囲気いいんでしょうね。



昼のコースは2500円。

かといってお決まりでもなく、「お嫌いなものは何かございますか?」と聞かれ、その後メニューの説明に。
その上で「以上のような内容でよろしいですか?」と聞いてくれる。

食べられないものはありませんが、こういう気遣いがうれしいですよね。




b0138713_11211724.jpg
あぶりホタテとたらばがにのサラダ

わりとベタな料理に見えるかもしれないけど、使ってる素材のよさがハンパじゃない。

野菜の旨みがぎゅううっと凝縮した味のサラダ。
鮮烈なスパイスの香りが要所要所に効いていてめちゃめちゃ美味しい。

カウンターから手元が丸見えなので、とっても丁寧に料理されているのがわかる。




b0138713_12275427.jpg
小麦の味がしっかり感じられる美味しいパン

洗練された味というよりも力強さを感じるパン。
ちょっと田舎風な感じがまたいい。


b0138713_12301137.jpg
まだらとサフランのスープ



むせ返るほどのサフランの香りと一度焼いたまだらの香ばしさの組み合わせがいい。




b0138713_12335679.jpg
メインは蝦夷鹿と焼きキノコ


名前も聞いたことのないさまざまなキノコを丁寧にソテーしたものと蝦夷鹿のローストの組み合わせ。

「主役は蝦夷鹿じゃなくてキノコです」っていうシェフの言葉どおり、キノコの味が口いっぱいに広がる。
うーん。秋の味覚最高。



でも脇役(?)の蝦夷鹿もすごいよ。
b0138713_137381.jpg
ほらね。すごいでしょ。この焼き上がり。

生だけど、でもちゃんと火は通っていて中はしっとりと温かい。絶妙の火の入れ具合。


このメインを料理しているときのシェフの姿にまた感動しちゃいました。
お皿をオーブンで暖めているのはもちろんのこと、盛り付けしている間も料理が冷えないように、投光器であたためながら盛り付けを行ってるの。


b0138713_1310565.jpg
この光の当たり具合がまたカッコイイ。



このお店の特徴は、なんといってもシェフと対面しながらお食事が出来ること。
「単に美味しいお店」というよりも「大好きになれる店」という感じ。

好きになる店っていうのはどこでもそうなんだけど、料理を食べた瞬間料理人の顔が目に浮かぶんだよね。

ふじ原の大将、昔シェトトにいたクリストフ、山猫軒のマスター、たまりやのシェフ。
どこの料理を食べても、料理人の顔が頭に浮かぶ。

逆にマスターの顔を見れば、お店の味が思い出される。



このマルコンソールもそんな店。
料理も含めて藤井シェフの作り出す世界観にどっぷりと引き込まれ、ハマっていく。

腕のいい料理人は作ってる姿そのものもかっこいいのだ。



ひさびさにハマりそうなお店に出会いました。
こりゃあ今年のフードオブザイヤーは決まりかな?


■マルコンソール
 052-253-5164
 愛知県名古屋市中区新栄2-10-21 カーサ新栄1F

 

[PR]

by umanichi | 2009-10-31 13:29 | フレンチ  

人ん家で羊の内臓料理を味わい尽くす!  ~danna家@名古屋市内~

「週末、うちで羊の内臓使っていろんな料理作ろうと思ってるんだけど都合はどう?」


そんな素敵なメールをもらって遠慮が出来るほど、ボクは人間が出来とりません(笑)
すぐさまOKの返事をして、ウキウキしながら週末がくるのを待ちます。


メールの主はdannaさん。
いつも魅力的なお誘いしてくれてありがとね~。



まずは前菜の盛り合わせから料理スタート。
b0138713_10501791.jpg

これはハラミのバジルソース和え。柔らかな食感。
牛や豚と比べるとやや味の薄い羊のハラミにソースの味が加わって食べやすい。
羊臭とバジルの香りが調和して、うまい。ガツガツいけちゃいます。




b0138713_1049542.jpg

羊タンのコンフィ
いわゆるタンのコリコリとした食感ではなく、しっとりとした味わい。
口の中で繊維がホロリと崩れる。羊臭があまりなく、誰にでも抵抗なく食べられそうなあじ。
濃厚で旨い。


隣にある白いのはラルド。その横のピンクのはハム。
さすがにこちらは市販品。ラルドとハラミのバジルソースを合わせるとこれまた最高に美味しい。
ビールが進みます!





b0138713_1124611.jpg

こちらは箸休め。
ちょっと厚めにスライスしたサトイモをアーモンドとともにオリーブオイルで揚げたモノ。
これまたビールの消費量が上がってしまう憎いヤツ(笑)

ほっこり上品な味で美味しいです。





b0138713_11101546.jpg

羊の胸腺のムニエル。
「おー!リードボーかあ!旨そう!」と叫ぶと「違うよ、リードアニョーだよ」とツッコミが。
あ、子牛じゃないもんね。子羊はアニョーって言うのか・・・。

ねっとり濃厚な味わいはまるで、フグの白子のよう。
もぐもぐと食べていると、ほんのりと羊の香りが漂い、目をつぶると遠くで羊さんが手を振ってるのが見えます(笑)

これはどちらかというとワインだね、とこの辺りからビールからワインへとシフト。





b0138713_12185890.jpg

羊のレバーパテのパイ包み焼き。

この辺りがdannaさんの真骨頂。
こんな凝った料理、普通家じゃ作らんて(笑)

しかもちゃんとコースになってるのがスゴイ。


んで、肝心な味ですが、これは羊の香りが大爆発系の料理。
ドラクエ7で「どとうのひつじ」って技があったでしょ。羊の大群で敵を攻撃するってやつ。
あれを生身の身体で受けたらこうなった、って感じの香りが脳天を直撃してきます。
羊が好きな人にはたまらん味わい。





b0138713_12252090.jpg

おせん風ハンバーグ羊バージョン

「おせん」に出てきた内臓を包丁で根気よくタタキにし、肉をまとめてハンバーグにしちゃった料理。
こいつを羊でやっちゃいました、と。

すんげー肉肉しい味だけど、羊だけあって意外とあっさり。
おなかいっぱいになります。







b0138713_12284342.jpg

羊のモツ煮込み地中海風

トマトとともに羊のモツをごった煮にした料理。
トマトの味と羊の香りがうまくマリアージュしてめちゃめちゃうまい!

さすがに腹いっぱい。もうこれ以上食べられません、ってところで本日の料理は終了。





今回はいろんな角度から羊の内臓を堪能することが出来ました。
面白いけど扱いが難しい羊の内臓をこんな風に食べさせてくれる店なんて、おそらくどこにも存在しないでしょう。

こんなに美味しくてワクワクする企画に招いてくださった、dannaさんホントにありがとうございました。

で、君より先に記事書いちゃってゴメンね(笑)
[PR]

by umanichi | 2009-10-25 12:45 | パーティ  

混ぜたり、茹でたり、タッカンマリィ~   ※タッカンマリできるかな※

賞味期限切れのネタだとは思いつつも、こんなタイトルをチョイスしてしまった私をお許しください・・・




マイミクのごろおさんが韓国に遊びに行ってきたそうな。
そこで食べてきたのがタッカンマリという食べ物。


はて・・・?

いったいどんな料理?


と調べてみたら鳥を一羽まるまるっと煮込んで、激辛のタレで食べるお料理。
(タッカンマリってのは「鶏一羽」って意味なんだってさ)


こりゃ旨そう!
好みでいったらストライクど真ん中の料理かも。



なんとか食べてみたい、と思っても名古屋でこれを出す店はどうもなさそう。


昔、サムゲタン作った時も意外と簡単に出来たしこれくらいならなんとかなるかな、とチャレンジしてみました。



◆タデギを作る◆
韓国製粉唐辛子と醤油とすりおろしニンニクと刻んだネギを混ぜ合わせ、タデギを作る。
これでもかーーー!っていうくらい唐辛子を入れて固めのペーストくらいの固さに仕上げます。

こいつを一晩寝かせて味をなじませます。

b0138713_1971421.jpg




◆鶏を茹でる◆
おなかの中をきれいに洗ってキッチンペーパーでよく拭いた丸鶏をにんにく、ネギ、タマネギとともに茹でる。
今回は圧力鍋で40分程度加圧してみました。



◆薬味を作る◆
魚醤と韓国製粉唐辛子とニンニクと酢を刻んだニラとあえて薬味をつくる。

b0138713_1975413.jpg




◆仕上げ
茹で上がった丸鶏は土鍋に取り出し、スープは漉してこれまた土鍋に入れる。
食べやすい大きさに切ったジャガイモを入れて火が通るまで煮えたら出来上がり。

b0138713_1984788.jpg




鶏肉は食卓でハサミでチョキチョキしながら取り分けて。
タデギ、薬味、醤油なんかで味付けをしながらパクっと。
肉はとろけるようにやわらかく、箸でつまみあげると骨がホロリと外れます。
もちろんスープを入れても激ウマ。



スープ自体はすっきりした味なんだけど、タデギや薬味を加えることによってガツンと輪郭のはっきりした味に変身。最初は塩とコショウで、徐々に薬味を入れて味の変化を味わってみるのも楽しい食べ方。


鶏肉を食べ終わったら残ったスープでしめのうどんを。
コラーゲンたっぷりのとろとろスープを吸ったうどんがまた旨いんだよね。



本場韓国ではタッカンマリ通りっていう名の街があるほど人気のタッカンマリ。
各店でスープの出来が違って、それぞれに秘伝の味があるんだとか。

我が家でもこれからいろいろと研究しがいのありそうな料理です。
[PR]

by umanichi | 2009-10-04 19:09 | 大人のできるかな