「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

タッカルビできるかな

妹が会社のイベントで余った幕の内弁当を持ってきてくれた。
子供は喜んで幕の内弁当を食べている。




こ、これは・・・
辛い物チャーンス!!!


うちの夫婦は辛い料理が大好きなのだが、子供のためにどうしても辛くないものでメニューを組み立てざるを得ないのだ。


こんなまたとないチャンスの日には、是非とも辛いものを摂取せねば。

冷蔵庫を見ると鶏モモ肉が。
しかし、タッカルビの素がない。でもこのチャンスを逃すわけには・・・。

ネットで調べればなんとかなるやろー、と試行錯誤の結果それなりのものが出来上がりました。



【タッカルビのタレの作り方】
・コチュジャン
・みりん
・さとう
・水あめ(なければはちみつで代用)
・醤油
・ナンプラー(あれば)
・オイスターソース(あれば)
・酒
・ごま油
・すりごま
・すりおろしニンニク
・すりおろししょうが
・すりおろしタマネギ
・粉唐辛子

以上をよく混ぜ、タレを作ります。水あめは溶けにくいのでよーく混ぜて。
量はもちろん目分量です。


出来上がったタレに一口大に切った鶏肉を入れ、しばらく味をなじませる。



味をなじませてる間に野菜を切りましょう。
今回使ったのは
・サツマイモ(ポテトフライみたいなスティック状に)
・ニンジン(同上)
・タマネギ(串切りで)
・長ねぎ(斜切りで)
・もやし(そのまんま)


冷蔵庫の残り野菜でもなんとかなります。
でもサツマイモはオススメ。
これ入れるとやっぱり一味違います。


肉に味がなじんだら(1時間くらいかな?)料理スタート。



大き目の炒め鍋(中華鍋があればベター)にごま油を熱したら、鶏肉を皮目から焼く。
タレが焦げやすいので中火でじっくりと。

タレはあとからまた使うので、このときにはまだ入れません。




肉がこんがりと焼きあがったら、徐々に野菜を投入。
火の通りにくいものから順々に。

野菜を入れるときに一緒にタレも投入。
野菜からじゅくじゅくと水分が出てきます。


野菜に火が通れば出来上がり。

b0138713_0105531.jpg
完成
タレさえ作ってしまえば後は肉野菜炒めと変わらない。






少し前、ちょっとだけブレイクしかけたタッカルビ。
最近ではほとんど見かけることもなくなってしまいましたが、これなかなか好きな味です。


「料理に砂糖入れるのが許せない会」の会長を務めるほど、ベタベタと甘い料理が嫌いなワタクシですがこの料理だけは別。

みりん、砂糖、水あめとベタベタ甘い調味料がこれでもか!と入ってるんですが唐辛子とニンニクの味が不思議とこの甘みとよくあってクセになる。

甘いけどビールがすすむというなんとも不思議な料理です。

食べ終わった後に残ったタレで作るチャーハンがまた格別。



次にこの料理が食べれるのはいつかなあ。今度は自分で子供用の弁当買ってこようかな(笑)
[PR]

by umanichi | 2010-03-15 00:33 | 大人のできるかな  

本気の手巻き寿司に感動!  ~雛祭会@danna家~

先週末dannaさんから「今度の週末うちで雛祭会やろうぜ」ってメールが!


うほほーい。
子供そっちのけで飲んだくれよーぜーと悪巧み、嫁さんに「来週末家族で雛祭会に行こうよ」と提案。



すると嫁さんが、
嫁「・・・・!!!」




以外にも驚愕の表情をする嫁さん。
どうした!!何があったんだ!!!!





嫁「・・・・・・・そういえば雛人形出すの忘れてた!」







おお、神よ。恵まれない我が家の娘を救いたまえ・・・・







というやりとりはすっかりなかったことにして、行ってまいりましたdanna家主催の雛祭りパーティ。
いつも誘ってくれてありがとねー。





b0138713_15363487.jpg
シャンパンで乾杯

今回は桃の節句ってことで、シャンパンとワインはロゼに統一。桃色だから。
しゃれたことするねー。






b0138713_15371810.jpg
今日のメインは子供達が喜ぶ手巻き寿司
テーブルセッティングも美しい。さすがだ。







b0138713_15382188.jpg
酢メシは木桶に。本格的!




b0138713_1539236.jpg
手巻き寿司の具 その1
具は丸光から仕入れたそう。期待が膨らむね!!






b0138713_15395934.jpg
手巻き寿司の具 その2



久々に作った手巻き寿司。
丸光の魚をいい海苔で巻く。たったそれだけ。


でも、これは自分の中の手巻き寿司感が変わるくらい美味しかった。
手巻き寿司も本気で作ると美味しいんだなあ。

丸光の魚は相変わらずの美味しさでしたが、中でも今回のブリは出色の鮮度!!
手巻き用に薄切りにしてあるのにコリッコリなの。脂のノリもよく、ほんとに美味しかったあ。



b0138713_15443942.jpg
カプレーゼ

いいトマトにいいチーズ。
単純な料理なだけに素材のよさがよくわかります。

シャンパンにあうねー!!



b0138713_15452581.jpg
飛騨高山産の白カビのサラミ

これは一緒に参加したNさんの持込品。
カビの香りがすばらしく、ねっとりと熟成した味わい。

栗のような凝縮した旨みがかめばかむほど口の中に広がります。

うまーい!




b0138713_1547416.jpg
マッシュルームのサラダ

GAZZAT風ではなく、もうちょっと手の込んだサラダ(笑)
こういう食べ方ももちろん美味しい。




b0138713_15475274.jpg
サツマイモとブロッコリーのグラタン

dannaの料理はいつも旨いけど、今回のこの料理は奇跡の出来栄え!!
「あーあ。火加減誤ってブロッコリー焦がしちゃったよー」といいながら出てきたこのグラタン。

そこが今回の怪我の巧妙。

水分が飛んで、旨みが凝縮したブロッコリーがたまらなく美味しいの。
もちろんベシャメルソースやら他の具やらの美味しさあってこそのこの奇跡。

やたらと焦がせばいいってもんじゃあありません(笑)




b0138713_154852100.jpg
グレープフルーツのコアントロー漬け


これはいい!!
まさに食べるカクテル!!


おなかいっぱいでも、酔っ払っててもパクパクいけちゃいます。
でも食べ過ぎると余計へべれけになるから要注意。






いやあ、今回もごちそうさまでした!!
どれもこれも美味しかったけど、手巻き寿司があんなに美味しくなるものだなんてホントびっくり。

自宅で作る手巻き寿司っていわゆる「家庭の味」って感じで、あんまりごちそう感はなかったんですが手巻き寿司も本気で作るとあそこまで本格的な味になるんですね。

まさに目からウロコでした。




子供達も大喜びでしたし、充実した一日でした。
お招きしてくれたTOKOSAN、dannaさん。本当にありがとうございました。
[PR]

by umanichi | 2010-03-07 16:09 | パーティ  

新栄でディープな中国紀行  ~延辺館@新栄~

まこちゃんに続き、今週もディープな中華を堪能してきました。



マイミクのしばいぬさんに連れられて行って来たのは、新栄(というよりも瓦町ですな)に位置する「延辺館」さん。



b0138713_13305151.jpg



b0138713_13311145.jpg




周りの歓楽街に負けず劣らずのディープな店構え。




中に入ると、目に飛び込んでくるのは店いっぱいの中国人客。
飛び交う言葉はもちろん北京語(たぶん)です。


なんとこの店、店員さんもほとんど日本語が通じない。
中国人による中国人のためのお店なのです。


一人だけ、片言の日本語が通じる店員さんがいらっしゃるのですが、この方はしばいぬさんが長らくこのお店に通い続けることによって日本語を教え込んだのだとか。


壁に貼ってあるメニューはすべて中国語なのですが、卓上のメニューには一応日本語で解説がしてあります。このメニューを参考に皆さんそれぞれに料理をオーダー。


今回しばいぬさんの元、集まっていらっしゃったのは総勢10人。
まずはビールで乾杯しながら料理を待ちます。


b0138713_1332955.jpg
豚背骨肉の醤油煮込み

最初に出てきたのはコレ。
カムジャタンに使うところと同じ部位をほろほろになるまで煮込んだ一品。
お皿にどかん!と出てくるのがうれしい。

みんなで取り分けて、手でほじほじしながら食べます。
手を使う料理ってのは蟹と一緒でついつい無口になっちゃいますね(笑)


でも、これめちゃめちゃ美味しいです。
全員で骨にむしゃぶりつきながらビールを流し込む光景は壮観!

気分は完全に中国人に。




b0138713_1333333.jpg
じゃがいものしゃきしゃき炒め

酸味と辛味のきいた一品。
ボクはあんまり酸っぱい料理が好きじゃないので、あまり口には合いませんでしたがじゃがいものしゃきしゃき感がよかった。

ここの料理は結構油が効いてるわりに、酢の効用なのか割りとさっぱり食べられて胃もたれしないのが特徴。




b0138713_13334492.jpg
白菜と豆腐の中華風スープ

これはうまかった!!
旨みの効いたスープを豆腐が吸い込んでもう絶品!
中に入ってる春雨(後述)がまたうまいんですわ。




b0138713_13343730.jpg
春雨ときゅうりの和え物

これがその春雨。
変わってるでしょ?きしめんみたいな平べったい春雨なの。
チャプチェみたいにもちもちしていてちゅるんと入っちゃう。

この春雨、どっかで手に入らないかなあ。
ピェンローとかに入れたら絶対うまいと思うんだけど。





b0138713_1335262.jpg
かぼちゃの揚げ物

これは風変わりな料理。
衣をつけてあげたかぼちゃにガーリックソルトで味付けをした一品。

さくさくほっこり。

子供のおやつにもいいし、ビールのお供にもなる。
守備範囲の広い料理です。



b0138713_13361420.jpg
羊の串焼き

すごいでしょ!この豪快な串刺し方!!
普通の串焼き2本分はあろうかと思われるこのサイズ。
これで1本100円なんて安すぎ!!

唐辛子とクミンの効いた独特の味付けでめちゃめちゃうまい。

これと同じバージョンで鳩の串焼きも食べました。
ハト派ですからね。ワタクシ(笑)




b0138713_13365759.jpg
豚テールとジャガイモの炒め物

これまためっちゃうまい!
よく煮込んだテールのとろとろ加減と、旨みを吸い込んだジャガイモの味わいが素敵。
青く見えるのは青唐辛子。

ビールともライスとも相性抜群!!



b0138713_13373641.jpg
干し豆腐と青唐辛子の炒め物

干し豆腐が大好きなので、こいつをオーダー。
干し豆腐にコシがなかったりするけど、これもご愛嬌。
やさしい味わいにピリッと青唐辛子の刺激があってうまいです。




b0138713_13383259.jpg
春雨の醤油煮込み

こーれーはーうまい!!!
本日最高の一品でした。

先ほどの激うま春雨を醤油味の中華スープで煮込んで味をしみこませた料理。
ビールがすすんですすんでとまらない。

ビールメーカーはこの料理に感謝状を送るべき!!




b0138713_1339238.jpg
饅頭串焼き

マンジュウ、というよりもマントウ・・・かな?
豚まんの皮の部分だけを串にさして焼いた感じ。

塩だけでシンプルに味付けしてるんですが、他の料理のソースとかスープとかつけて食うとうまいです。
(もしかしてそうやって食べるためのもんなのかな。片言しか通じないので正確なところはわかりません)



b0138713_13394499.jpg
魚の水煮

唐辛子真っ赤っかで油ぎっとぎとなのに「水煮」
四川の料理らしいですね。水煮って。

胡椒の辛さが刺激的。
うまい。

そういやdannaさんが昔蛙で水煮作ってくれたなあ。
あれ、おいしかった。




b0138713_13401959.jpg
セロリ餃子

この店は炭水化物系の料理が苦手らしいのですが、このセロリ餃子だけは別だよ、としばいぬさんが注文してくれました。

セロリの香りがさわやかでうまい!
皮ももっちもちです。



b0138713_13405513.jpg
ハチノスときゅうりの和え物


柔らかなハチノスの歯応えときゅうりのシャキシャキの組み合わせが面白い。
ハチノスは臭みもなく、旨みたっぷり。

山椒が粒ごとモリモリ入っていてさわやかな刺激。
食べ進めるごとに口の中がスースーします(笑)






いやー。堪能しました。ディープな中華!

この怪しい感じが最高ですね。
まるで、中国のどこかの街角に紛れ込んだような気分。

料理も日本人好みにアレンジされてなくて、きっと現地そのまんまの味わいなんでしょう。


使ってる素材がそれほどいいものじゃなかったり、化調の味が前面に出てたりしますが、そんな細けぇことはいいんです。

うまいし、楽しいから。



店内は意外と広く、掘りごたつなんかもあったりしますから意外とファミリー層にも優しいお店。
(店に入るまでのアプローチはかなり厳しいものがありますが・・・)


皆さんも勇気をふりしぼって名古屋のディープゾーンに一度足を踏み入れてみてはいかがでしょう。


【延辺館】
 住所 愛知県名古屋市中区新栄1丁目24-31
 電話 052-242-3130



[PR]

by umanichi | 2010-03-07 14:40 | 中華  

ガード下の激うま中華  人情屋台まこちゃん@藤が丘

行ってきましたまこちゃんへ!

って言われてもなんのことだかわかんないですよね。




ここは藤が丘にあるガード下の屋台村。
「人情屋台」ってところにお店を構えるカウンター中華のお店です。


旨メシ仲間のさなぎくんが大絶賛しているこのお店。


以前一度お邪魔してるんですが、久々の来訪で気分も盛り上がります。


b0138713_2253770.jpg
こんな何気ない店構えに名店が隠れていようとは・・・




b0138713_22532253.jpg
シェフのまこちゃんが一人で腕をふるう。
テーブルなどはなく、あるのはカウンターとイスのみ。10人も入ればお店は一杯。
今回からカメラを変えたのでキレイに写ってますが、店内に漂う風格ときたらそりゃあもう・・・
いや、誉め言葉なんですけどね。





まこちゃんウォッチャーのさなぎくんに、どういったオーダーすればいいのか事前にメールで聞いておきました。
○基本はまこちゃんオススメで予算を言って適当に
○杏仁豆腐と水餃子と坦坦麺はマストで
○となりの焼肉屋から揚げだし豆腐、鉄板焼き屋から豚玉、焼鳥屋から串焼き盛り合わせなど頼むとよい(これはまこちゃんへ一言断る必要あり)

とのこと。


ってことで「4000円くらいで適当に!杏仁豆腐と水餃子と坦坦麺は必ず入れて」ってなオーダーで。
それと嫁さんと嫁さんの友達が「麻婆豆腐と油淋鶏も食べたい」と言ってたのであとからそれもいれてもらうことに。



店の中は80年代歌謡曲が流れ、赤提灯がいくつも並ぶ内装。
のれん越しにほかのお店のお客さんの姿も見え、オヤジの世界ここに極まれり、ってな感じ。
常連さんと思しき方がほとんどで、客層もいいかんじに煮詰まってて、それだけでもう最高ですよ。ここは。



ビールで乾杯していると次々と料理が出てきます。
ひとりで料理してるのにすっごい手際がいいんだね。まこちゃん。

b0138713_2371616.jpg
定番のチャーシュー


しっとりしててウマー。
香ばしいし、これはきっとホントに焼いて作ったチャーシューだね。
焼いててもこんなにしっとりと仕上がるもんなのか。
うまうま。




b0138713_2375931.jpg
マストオーダーの水餃子


このゴマダレがいいね!
もちろん皮はもっちもち。ちゅるんといけちゃいます。
うんまい。



と、ここでさなぎくんからサプライズプレゼントが!!
まこ「さなぎくんから聞いてるよ。今日はさなぎくんの紹興酒飲んでもらっていいからね」
b0138713_2323975.jpg
どどーーんと甕で。
どんだけまこちゃんに通い詰めてるのかとwww


ストレートで飲んでもめちゃめちゃまろやかです。
ほんわー。

これはストレートに限る。
ザラメなんか入れたら台無しだね。



b0138713_2383986.jpg
リクエストした麻婆豆腐


子供がいたからか、少し甘めの味付け。
ごめん、まこちゃん。我が家は基本、大人優先なの・・・。
言ってなかった俺が悪かったね。今度はガツンと花椒のきいたヤツを作ってもらおう。



ここは屋台村だから子供用の料理を別の店から頼めるのもうれしいですね。






b0138713_2392686.jpg
イカチリ


こーれーはーうまかった!!!
イカの火の通し方が素晴らしすぎ。
中が半生でほんのりイカの甘みが感じられて最高にうまい。
ビールが進む~!!


ご飯にかけて食べても絶対うまいはず。





b0138713_23101558.jpg
油淋鶏


衣がさっくさく。
やや濃ゆ目のタレととってもよくあいます。
これもビールだなー。


b0138713_23111227.jpg
牡蠣のオイスターソース炒め

OYSTER × OYSTER
そんなん旨いに決まってるwww

ぼちぼち腹が苦しい~。



b0138713_23144032.jpg
合鴨のロースト(?)


美味しいんだけど、そろそろ胃袋の限界が近づいてきました・・・。
あまった鴨は持ち帰りに。



b0138713_23151442.jpg
海老の炒め物

炒めた海老を殻ごとむしゃぶりつく。
まこちゃんによるとこれは殻が柔らかい種類の海老で、殻ごといけるんだとか。

殻の香ばしさがうまい!
もちろん海老味噌はもっとうまい!!



b0138713_23172818.jpg
坦坦麺



あああ!!しまったー!!!
「汁なし」って頼むのを忘れてたーー!!

いや、汁ありももちろん美味しいんですけどねw






b0138713_23413746.jpg
(おまけ)となりの焼肉屋から出前した揚げだし豆腐

これは目を見張るうまさ。
揚げ出し豆腐の概念が覆ります。

あえてどういう美味しさかはここでは語りません。
これはぜひ自分で食べてその衝撃を味わってほしいと思います。







いやー堪能しました。
まこちゃんの味。

格別上品な味、というわけではないのですが、このハコでこんなに旨い料理が食べられるの?っていう意外性がまたいいんです。


予算に応じてはフカヒレ、北京ダック、はたまたスッポンスープまで頼めちゃう不思議な屋台中華。
それがまこちゃん。

まこちゃんとの会話を通じて、こちらの嗜好を伝えて好みの料理が作られていくようなお店かな。
通いつめるたびに、相手に自分の味覚が理解され、自分用のメニューがカスタマイズされていく。
きっとそんなお店なんでしょう。

いやー、こんなお店に通える藤が丘の方々がとってもうらやましいです。




今回、メニューの相談にも乗ってくれ、紹興酒まで飲ませてくださったさなぎさん、ほんとにありがとうございました!
[PR]

by umanichi | 2010-03-01 23:55 | 中華