「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

清水港×北海道の最強湯煮ット ~キンキの湯煮できるかな~

家族で行った清水へのドライブ。


当然立ち寄る魚市場。


まだ戻り鰹は入ってないらしく少しさびしげな品揃え。



わざわざここまで来てマグロっていうのも芸がないしなあ(いや、うまいんすけどね)
・・・と思ってたところに目に飛び込んできたのが真っ赤な色したキンキちゃん。




そこまで大きくはないが30cm近くはある立派なサイズ。
しかも、値札がついてない。






うーむ・・・と迷っていたらおっちゃんが「なんにします~?」声かけてきた。
な「あのー。これキンキですよね?」
お「いや、キンキじゃないよ。これはねジョロ。この辺じゃそう呼んでるんだ」
な「(うわあ。地物の魚か。高そうだなあ)」
お「白身の魚で少しだけニオイあるけどやわらかくて美味しい魚だよ。煮付けにしたらうまいんだ」
な「へえ~。ちなみにどれくらいするんですか?」
お「うーん。そうだなあ。200円でいいよ。」
な「に、にひゃくえん??まじっすか!」


さっきも書いたようになかなかのサイズ。
たとえこれがサバだとしても200円じゃ買えないだろう。

どう考えてもお得すぎる。


200円ならまずかったとしても惜しげないや。
買っちゃえ買っちゃえと衝動買いしたのが、キンキにそっくりな魚、ジョロ。



キンキと言えば気になってたのがケンミンショーで見た「キンキの湯煮」。
高級魚キンキを塩水で茹で、ウスターソースをかけて食べるというとんでもない冒涜料理だ。


ま、200円なら失敗してもいいやーとばかりに台所に立ちました。


【ジョロの湯煮の作り方】
・沸騰した塩水にジョロをいれて20分くらい茹でたら出来上がり。以上。


取り出すときに身が崩れてしまったので写真はとらなかったのですが、見た目は「単なる茹で魚」。
いや、見た目どころかまったくのただの茹で魚なんですけどね。

これにウスターソースをかけて食べるとこれが驚くほどうんまい!


いや、なにこれ。
ウスター君、いい仕事してるじゃないか!!

魚のとろりとしたコクのある味わいにソースの酸味がめちゃめちゃあうじゃん!
つーかもはや「ウスターソース」を感じないよ。

スパイスの効いた、ちょっとすっぱめの秘伝のタレって感じ。



そういや沖縄にもマース煮ってのがあるけどあれにもソースかけてみたらうまかったりするのかなあ。



ウスターソースの意外な底力を発見できた一日でした。
[PR]

by umanichi | 2010-09-13 23:37 | 未分類  

自由奔放なエスニック居酒屋 ~なんJAHコレ屋@新堀川~

な・・・なんじゃあああ こりゃああああ!!!!




どうも。
太陽にほえろよりも探偵物語派のなかやんです。



つーか、2ヶ月もブログほったらかしにしておいて、なんじゃこりゃと叫びたいのは皆さんのほうですよね(苦笑)






今回は南インド料理会のてっしーさんに誘われて新堀川のなんJAHコレ屋さんにお邪魔してきました。

少し不便な場所にあるこのお店ですが、金山駅までお店の方が送迎してくださいます。


金山駅からガード下をくぐって、暗い路地を走っていると見えてくるのがこの看板。


b0138713_14272949.jpg
怪しすぎる看板



b0138713_14273168.jpg
もっと怪しい看板



b0138713_14382015.jpg




い、いや、結構汚い系の店は好きなほうですし、さぬきうどん屋さんなんかめぐってても怪しい看板はよくみるほうなんですが、この看板の怪しさは今まで見てきた看板の中でもダントツで1番なんじゃなかろうかと・・・。
いや、ほめ言葉なんですけどね。




お店の内装もいい感じに怪しくて、おまけに照明が薄暗いもんですからアジアの雰囲気はばっちりです。
もう料理を食べる前からこの店に100点をあげたくなってきました。


お二人で店をやられている小さなお店ですので、ゆったりと料理が出てきます。



b0138713_14273334.jpg
生春巻き

見てのとおりパクチーががっつり。
ノーパクチー ノーライフを標榜するボクにとってはうれしいサービス。

中に入ってるのが春雨じゃなくてきしめん状の平べったい米粉麺なのも本格的でうまい。
独特な香りがいいんですよね。これ。



b0138713_14273581.jpg
中落ち


あーあーあー。
エスニックで中落ちね~。あるある・・・ねーよwww


この斬新すぎるコラボにはかなり驚かされますが、やっぱり中落ちはうまい!その上楽しい!!

身をごそっと削いだ瞬間、中落ちは「生命」から「食材」へと変化するのです。
自分の手の中で食材を産み出す快感がここにはある。これ、なかなか出来ない体験ですよね?



b0138713_14273721.jpg
中落ちの海苔巻き


中落ちの一部は納豆とあえて海苔巻きに。
これまたうまいっ!!



b0138713_14273879.jpg
ラープ

豚挽き肉のライム炒め。
鮮やかな香りの豚肉に、唐辛子の種が辛さの後をひく。

ざく切りにした生キャベツといっしょにいただくとビールがいくらでも入っていく。
こりゃウコン必須な料理ですな(笑)




b0138713_14274174.jpg
ヤムウンセン

タイ料理の中で一番大好きな料理、ヤムウンセン。
「小さな唐辛子はプリッキーヌだから気をつけてね」とおかみさん。


いや、大きいほうの唐辛子もハンパなく辛いっすよ・・・(笑)

でも、その辛さが美味しい。アツアツのうちに食べきるのがお店に対する礼儀ってもん。
いそいでがっつりいただいちゃいましょう。

これまたビールがすすむ~。



b0138713_14274390.jpg
ガイヤーン

自分で焼くスタイル。
めずらしい。



b0138713_14274752.jpg
ビビンバ

中落ちの余りで作ってくれるマグロユッケビビンバ。


エスニックに中落ちにビビンバ・・・とまさに自由奔放なこのお店。
好き嫌いは分かれるお店かもしれませんが、はまるとどっぷりはまる店。

値段も安いし、近所にあったら確実に通い倒す店になるんだけどなあ。

次回オフ会が開催されるのを楽しみに待ちたいと思います。






[PR]

by umanichi | 2010-09-05 14:31 | エスニック