「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

フードオブザイヤー2010

うわあああ!
全然更新が出来ないまま、もう年の瀬!


でもこれだけはやらないと年が越せないイベント、フードオブザイヤー。


今年出会った食べ物の中で一番美味しかったものを決める年末イベント。
それがフードオブザイヤー。

というわけで2010年のフードオブザイヤーを発表したいと思います。

【お店部門】
■  壷中天で食べたブーダンノワール
  実は今年初めて訪れた新栄のフレンチ壷中天。どの料理も繊細な味わいで美味しかったのですが、特に印象に残っているのがこのブーダンノワール。豚の血の濃厚な味わいとリンゴって相性がいいんだなあと改めて気づかせてくれた一品。


■ 京都の錦市場で買った鯖のなれずし
  有次の包丁を買った時に錦市場で見つけたなれずし屋さん。珍しいからと買って見た鯖のなれずしは卵こそ持ってないものの身のうまさはふなずしよりずっと濃厚。とろりとしたチーズのようなコクがたまりませんでした。


■ カルネヤのシェフによる熟成牛のビステッカ
 神楽坂のイタリアン「カルネヤ」のシェフを名古屋に呼んで、とあるワインバーで料理してもらおうぜ~っていう酔狂な企画にお呼ばれした時の料理。

 40日以上ドライエージングさせたという肉の塊は、赤身肉なんだけどトロトロに熟していて、歯ごたえがあるのに柔らかい。いわゆる霜降りの柔らかさとはまるで別次元の食感。
 熟した香りがまた素晴らしく炭火で焼くと一層引き立つ香りで口の中がいっぱいになります。

来年は神楽坂のお店にもお邪魔してみたいなあ。







【自作部門】
■ イラブー汁
 とあるフレンチのシェフをうちにお招きした時に作った料理。

 実はイラブー汁って食べた事なかったんだけど(苦笑)、山本彩香先生に教わったレシピでなんとか作り上げた思い出の料理。

イラブーってめちゃめちゃ濃厚なだしが出るんですね。



■ 猪の生ハム
 去年の猪の丸焼きの時にハンターからおまけで貰った猪の足で作った生ハム。
 ボクが塩漬けした後で福井のおっちゃんの家で熟成してもらいました。

 どんぐりを食べて育った猪の香りはイベリコの香りに近く、ナッツ系の香りがします。
 時間が経つごとに旨みが増し、製作から一年経った今の味はまさに感涙もの。
 今度はたくさん作って二年もの、三年ものにもチャレンジしてみたいです。
 


というわけで駆け足で今年一年を振り返ってみましたが、皆さんのフードオブザイヤーはなんでしたか?

また来年も新しい旨メシに出会える一年をでありますように!
[PR]

by umanichi | 2010-12-31 06:38 | フードオブザイヤー