この一手間が命取り!  完熟トマトのブラッディーマリー@なかやん厨房

いや~やっぱり強かったですね。吉田選手。

こんにちわ。ズボラオリンピック日本代表なかやんです。




うちに遊びに来ていた父上様。
今回は完熟トマトも持ってきてくれてまして。



小振りだけど味が濃厚でウマー。
土と緑と太陽の味が濃縮されたような旨みです。


フルーツトマトのような濃密な甘みはないけれど、こういうトマトもうめーよなーと思いながらかじりついていると、冷蔵庫の中にはまだまだトマトが溢れていることが判明。


トマトって出来る時には一気に出来ますからね。
だからといってそれ全部持ってこなくても・・・。



一つ一つかじっていったのではラチがあきません。
てなわけで作ってみたのがブラッディーマリー。

皆さんよくご存知の通りトマトとウォッカのカクテル。
こいつを生トマトを使ってやってみようという試みです。


【作り方】
・グラスにウォッカ30cc、レモンジュース15cc、Lea&Perrinsウスターソース1ダッシュを入れておく
・トマトは湯むきして(←必須!!)ミキサーにかけ、グラスに注ぐ。
・氷を入れてステアすれば出来上がり。


ズボラななかやんは最初湯むきせずに作ってしまった。
そしたらこれが口の中に皮が残ってしまいまずいのなんの(笑)


やっぱり大事な一手間は惜しんじゃいけませんね。
料理の明暗を分けます。



仕上がったブラッディーマリーは市販のトマトジュースを使ったものより軽く爽やか、でも旨みは濃厚。ジュースがフレッシュな分味の深みが違います。こりゃうまい。


バジルの葉をグラスの飲み口にこすり付けたりしても面白そう。
これは次回に試してみることにしたいと思います。




そうそう、一つ残念なお知らせが。

親父に委託生産させていた国産ライムの木ですが、今年もやっぱり実がつかなかったそうです。

今は鉢で育てているとの事で、やっぱり土に植えないとダメかもと言っとりました。
国産ライム堪能までの道のりは長そう・・・。
[PR]

by umanichi | 2008-08-17 15:55 | 自宅で旨メシ  

<< 気分は海の男  牛肉のトマト煮... 忘却野菜の刺激が素敵!  みょ... >>